法政大学 5 - 1 早稲田大学
勝:三浦 敗:小島
本塁打:法政・中山 1号(1回)、2号(9回)/ 早稲田・瀧澤 1号(9回)

 

春季リーグ5位に終わり雪辱に燃える法大が、自慢の打線と1年生投手の初完投で秋季リーグ初戦を見事勝利で納めた。

両チームの先発は法大がリーグ戦初先発の三浦(①福岡大大濠)、早大はエース小島(④浦和学院)。投手戦となることが予想されるなか、試合開始直後の1回表にはすぐにゲームが動く。

今春はリーグ史上8人目のサイクルヒットを達成し、東京六大学屈指のスラッガーである中山(④履正社)が、1回2死1塁の秋季リーグ戦初打席に、外角高めのストレートを自慢のパワーでボールをたたき、レフトスタンドに突き刺さる2ランホームランで先制する。

その後法大打線はコンスタントに出塁をし、4回には先発野手全員安打(8人で8安打)と好調な打線であっても、早大・小島の要所を締めるピッチングにより追加点が奪えない。3回に中山がレフトに打った大きなフライは、打った瞬間に小島がうなだれるも不運にも風に押し戻されスタンドインはならず、2-0の膠着状態が続いたままゲームが進む。

5回に均衡が破れる。法大は主将・向山(④法政二)の2ベースと失策による中山の出塁で2アウトながらランナー2・3塁のチャンスに、7番川口(④横浜)の強振によるライト前ヒットで二者生還、リードを4点と広げる。

反撃の糸口が見つからない早大も、5回にヒットと2つの四球で2死満塁の絶好のチャンスとなったものの、1番福岡(③川越東)を三浦がセカンドゴロに打ち取りピンチをしのぐ。

6回以降の早大リリーフ陣に8回まで散発の2安打に抑えられた法大は、9回に再び中山が今西(②広陵)から、今度は風に負けない大飛球でスタンドインし、さらに1点を加える。球場は三浦の初完封勝利に注目が集まる。

一矢報いたい早大は9回無死でリーグ戦初スタメンの3番瀧澤(②山梨学院)がリーグ戦初ホームランをライトスタンドに叩き込むが後続が続かず。三浦は初先発を9回を146球3安打1失点、8奪三振の好投で嬉しい初先発初完投勝利となった。

明日の2回戦は11時プレーボール。法大は雪辱に向けて連勝での勝ち点奪取、そして早大は巻き返して月曜日の第3戦に持ち込むべく必勝態勢で臨む。