*写真は2018年ジャパンオープンの王曼昱(中国)

<第18回アジア競技大会(インドネシア・ジャカルタ) 2018年8月18日〜9月2日>

19歳・王曼昱がアジア女王に

1日、アジア大会卓球競技が最終日を迎え、男子女子共にシングルス競技の準決勝と決勝が行われた。

女子一般シングルスには日本代表として加藤美優(8月度世界ランキング18位・19歳)=日本ペイントホールディングス=、安藤みなみ(同46位・21歳)=専修大学=が出場し、加藤、安藤ともにベスト8となった。

準決勝の結果、決勝は王曼昱(同5位・19歳)=中国=と、陳夢(同3位・24歳)=中国=の中国勢対決となった。試合は昨年のワールドツアーグランドファイナルを制するなど経験豊富な陳夢がゲームカウント3-1と優勝に王手をかけるも、王曼昱が驚異的な粘りを発揮し、そこから3ゲームを取り返し、見事19歳にしてアジア女王に輝いた。

王曼昱は伊藤美誠・平野美宇らと同世代のライバルでもあり、今年6月に開催されたジャパンオープン決勝で伊藤と対戦している。(伊藤がゲームカウント4-2で勝利している。)中国の急成長若手世代から今後も目が離せない。

女子 アジア大会最終日の結果

女子一般シングルス 決勝トーナメント

<準決勝>
○陳夢(中国) 4-0 田志希(韓国)
11-7/11-7/11-6/11-4

○王曼昱(中国) 4-1 ユ・モンユ(シンガポール)
11-7/11-6/11-5/9-11/11-7

<決勝>
○王曼昱(中国) 4-3 陳夢(中国)
11-7/5-11/14-16/7-11/11-6/11-8/11-8

女子 アジア大会最終結果

女子シングルス

<優勝>
王曼昱(中国)

<準優勝>
陳夢(中国)

<ベスト4>
田志希(韓国)、ユ・モンユ(シンガポール)

女子団体

<優勝>
中国

<準優勝>
北朝鮮

<ベスト4>
韓国、中国香港

混合ダブルス

<優勝>
王楚欽/孫穎莎(中国)

<準優勝>
林高遠/王曼昱(中国)

文:ラリーズ編集部
写真:新華社/アフロ