野球ファン必見! 第12回BFA U18 アジア選手権に出場する日本チームの主力選手を10人、ピックアップ。彼らの夏の甲子園の活躍を中心に紹介!
今年の高校野球を沸かせた選手たちがアジア相手にどんな活躍を魅せるのか!?

根尾昂(ねおあきら)大阪桐蔭
177センチ 78キロ
内野手 右投左打
【写真提供=共同通信社】

 

 今年のドラフトで注目される、高校生『ビッグ3』のうちの一人。2年春から4季連続甲子園に出場し、うち優勝3回。投手と遊撃の二刀流に加え、2年のセンバツでセンターの守備にもついた。

 この夏の甲子園では打撃で観客を魅了。準々決勝の浦和学院戦の左中間、2回戦の沖学園と決勝の金足農戦の2本はバックスクリーンへの当たり。3本とも左方向を意識したものだ。
 決勝戦・吉田からの打席は140キロの高めストレートに力負けしなかった。甲子園では出場19試合中、15試合連続ヒットも記録した。26安打を放って打率は3割7分1厘。

 センバツでは優勝投手になった。沖学園戦で最速148キロをマーク。そして浦和学院との重要なゲームで先発を任されている。「一番、信頼しているのは根尾」と大阪桐蔭・西谷監督が言うが、決勝の金足農戦は予想に反して柿木が先発完投した。
 根尾の右手中指の絆創膏が何だったのか気になるが、万が一、柿木が降板しても根尾が控える、という最後の砦として投手根尾への信頼があったと言える。

 「将来はショートかな」。本人はぽつりと言っている。ポテンシャル、センス、伸びしろとプロ側の評価も申し分ない。

 副キャプテンとしてキャプテンの中川を支え、春夏連覇に導いた。西谷監督は「最高最強のチームになった」と褒めたが、大阪桐蔭最強世代の、根尾がまさしく中心にいたといっても過言ではなかった。
 代表チームではクリーンアップを打って、おもに遊撃を任されることになりそうだ。

 中学時代、県選抜やNOMOジャパン代表に選ばれ、アメリカ遠征の経験もある。国際大会の経験もモノを言うかもしれない。

(文・清水岳志)