第100回全国高校野球選手権記念大会
12日目終了時点でのトーナメントは以下の通り。

第1試合、報徳学園が一番乗りで8年ぶりのベスト8進出を果たす。
第2試合目、浦和学院の先発・渡辺が10奪三振の完封。6-0で関東勢対決を制す。
第3試合は済美が14年ぶりの8強入りを決める。
第4試合は大阪桐蔭が投手リレーで高岡商を1点に抑え、4年ぶりベスト8進出。