藤蔭先発・吉村を降板させる3点目たたき出す

 第100回全国高校野球選手権記念大会開幕戦、藤蔭(大分)-星稜(石川)戦で、今大会活躍が期待される“スーパー1年生”内山壮真内野手が、早くも躍動した。

 1-1で迎えた3回、星稜は1死二塁から2番・河井の右中間を破る適時三塁打で勝ち越し。そして「3番・遊撃」でスタメン出場の内山が、一塁線を痛烈に破る適時二塁打を放って3点目。藤蔭先発の吉村をマウンドから引きずり下ろした。

 内山は2死後、5番・竹谷の右前適時打で4点目のホームを踏む活躍。1回の第1打席では四球を選んで満塁とチャンスを広げており、さっそく初戦から非凡なセンスを見せた。(Full-Count編集部)