朝日新聞出版は、夏の甲子園の代表校を47都道府県ごとに紹介する「完全保存版 夏の甲子園100回 故郷のヒーロー」を発売した。

「夏の甲子園100回 故郷のヒーロー」では、数々のドラマが生まれた全国高校野球選手権大会の代表校やヒーローたちを都道府県別に北から順に紹介していく。北海道・駒大苫小牧の田中将大、岩手・花巻東の大谷翔平、宮城・東北のダルビッシュ有、神奈川・横浜の松坂大輔、石川・星陵の松井秀喜など、朝日新聞や朝日新聞出版カメラマンらが撮影した夏の甲子園のヒーローたちの写真を掲載する。

また、名勝負として「横浜─PL学園」「駒大苫小牧─早稲田実」「星稜─箕島」「松山商─三沢」「明石中─中京商」の5試合を振り返るほか、甲子園球場で亡くなった直村鉄雄、埼玉野球の父・野本喜一郎、伝説の日本刀刃渡り・石本秀一、高知野球の基礎を築いた松田昇ら野球伝道師たちを回顧する。A4変判並製、256ページ。定価2000円(税込)。