スポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する、株式会社運動通信社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 黒飛功二朗、以下、運動通信社)は、平成30年度インターハイ「2018 彩る感動 東海総体」を、全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイ.tv」と連携し、スポーツブル内に開設しました。

URL:https://sportsbull.jp/category/inhightv/ 

1963年に誕生したインターハイは、今年で開催56回目を迎える歴史のある大会です。現在では規模および内容において高校生最大のスポーツの祭典に発展しています。今回の夏季大会は7月26日(木)~8月20日(月)に行われ、開催 競技は全30競技、参加人数は選手、監督等合わせ35,000人以上にのぼります。

「インハイ.tv」では、全30競技の試合の模様を、固定カメラによるライブ中継映像に加え、過去動画、注目競技や試合をフィーチャーした「デイリーハイライト動画」も閲覧可能です。また動画以外では、試合速報、フォトギャラリーも閲覧することができ、それら映像、情報は競技名や学校名からテキスト検索することが可能です。大会開催日までは、昨年の過去動画がお楽しみいただけます。

スポーツブルでは、40種類以上の幅広い競技を取り扱っているほか、大学スポーツ、高校スポーツのコンテンツも豊富であるため、インターハイ関連のコンテンツとは高い親和性が見込まれ、これまで以上に、より多くのユーザーにインターハイを楽しんで頂くきっかけを創出できると考えております。

<代表からのコメント>

スポーツブルでは数多くのアマチュア、学生スポーツのライブ配信を行っていますが、それはある考えを軸に行っています。それは、「人は、見られることで、強くなる。」という考えです。

「人は、見られることで、強くなる。」は、すべてのアスリートが一度は実感したことのある普遍的な考えだと思います。Jリーグが発足してから日本のサッカーが飛躍的に強くなったり、高校野球のレベルが年々上がっているのも、世の中の「注目」と深い関係があると思います。そしてこの考えこそが、スポーツブルがインターハイの全30競技、11500本以上のライブ、VODを無料で配信する理由です。正直、利益を度外視したチャレンジですが、我々のビジョンを強く体現する取り組みだと思っています。

近年、メディアのあり方がよく議論されていますが、私たちスポーツブルが今できることは、この「人は、見られることで、強くなる。」という考えを軸に、一瞬の輝きに全てをかけるアスリートたちの生き様をユーザーの皆様にお届けすること。そして、それを視聴してくださる方々と一緒にアスリートを応援し、競技、大会を盛り上げていくことだと考えています。この配信を通じて、一人でも多くの方にスポーツの魅力、ワクワクをお届けできることを願っています。

株式会社運動通信社 代表取締役社長 黒飛功二朗

-----

 

◆「SPORTS BULL(スポーツブル)」について
「スポーツブル」は、提携する新聞社ならびに専門媒体の記事コンテンツのキュレーション配信を土台として、競技のハイライト映像ならびにオリジナル番組などの無料動画コンテンツの配信を行っています。現在1日約700本のコンテンツ配信を行っており、今後も記事コンテンツ、動画コンテンツの拡充を行い、無料スポーツメディアとしての価値向上を目指します。現在は大手全国紙、スポーツ紙系WEB媒体を中心に、60以上の媒体とメディア提携を行っています(2018年6月時点)。
・サービス名:SPORTS BULL
・対応:iOSアプリ、Androidアプリ、ブラウザ(PC/スマートフォン)
・サービスURL:https://sportsbull.jp
・App Store URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1086719653
・Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.undotsushin&hl=ja

◆「株式会社運動通信社 」について
所在地:東京都渋谷区神宮前4-11-6 表参道千代田ビル6階
代表者:代表取締役社長 黒飛功二朗
事業内容:インターネットスポーツメディア「スポーツブル」の運営など
URL:https://sportsbull.jp/about/company/

◆この件に関する報道関係の皆様からのお問合せ先

株式会社運動通信社  担当:熊谷太樹

TEL:03-3403-6651 FAX:03-6804-1474 MAIL:info@sportsbull.jp