2戦連続のコールド勝ちで7年ぶりのベスト4まで上り詰めた慶大。その勢いで優勝に向けコマを進めたい状況で相対するは前の試合で延長の末、サヨナラ勝ちを収め、波に乗っている東北の雄・東北福祉大。東京と仙台、両者がそれぞれの六大学野球リーグを代表し、一戦を交えた。試合は髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)が6回までに3本のホームランを浴び、7失点。一方打線も、層の厚い相手投手陣の前に相手のエラーが絡んだ3得点のみ。悲願の日本一はお預けとなった。

 

慶大の先発投手はチームをリーグ優勝へと導き、本大会2回戦でも好投を見せたエース髙橋亮。試合開始早々、先頭の吉田を四球で出塁を許し、犠打と内野ゴロで三塁まで進められるも、4番深江を空振り三振に抑え込み、初回のピンチを切り抜ける。対する慶大も東北福祉大先発・山野(2年・高川学園)の前に先頭の河合大樹(総4・関西学院)が四球で出塁、郡司裕也(環3・仙台育英)のレフト前安打で2死一、二塁のチャンスを作ると、迎えるはこの試合5番に抜擢された1年の橋本典之(環1・出雲)。初回から指揮官の期待に応えたかったが、2ボール2ストライクから右飛に打ち取られ、攻撃を終える。

最初に試合が動いたのは3回裏。1死から本大会2試合5安打と好調の8番指名打者の大西に外角低めの直球を見事にさばかれ、打球は風に乗り、先制となるホームランを許してしまう。すぐにでも追いつきたい4回表。慶大は先頭の瀬戸西純(政2・慶應)、河合が連続四球で出塁、渡部遼人(環1・桐光学園)がバントをピッチャー前に転がすと、三塁に投げるが、送球が大きく逸れ、カバーに入っていた左翼手も取れず、誰もいないレフト後方までボールは転がる。その間に走者2人に加えて、打者の渡部も生還。一気に3点を取り、逆転に成功する。

相手エラーで一気に生還した渡部

援護をもらった髙橋亮だが、4回表に5番の清水聖に甘く入った直球を完璧に捉えられ、左中間にソロホームランを許し、1点差に追い詰められる。リードを広げたい慶大はその裏、内田の右安、瀬戸西のセーフティーバントで2死一、三塁のチャンスを作るも、河合が一ゴロに倒れ、無得点に終わる。5回裏には渡部の内野安打、柳町達(商3・慶應)のセーフティーバント、今春4番に座り続けた郡司が犠打を決め、1死二、三塁のチャンスをつくる。迎えるは橋本典の代打・若林将平(環1・履正社)。しかしここで相手も投手交代。マウンドにはエース津森が上がる。大久保監督は「4年生に賭けた」と代打の代打、植田清太(総4・慶應)を送り込む。しかし、捕邪飛に倒れ、続く内田蓮(総4・三重)も左飛。勢いで作った流れを生かしきれなかった。

ここまで苦しみながらも2点に抑えていた髙橋亮であったが、6回表に崩れてしまう。難なく2死を奪うも、内野安打、四球、死球と突然荒れ始め、2死満塁のピンチを背負い、迎えるは清水敬。2ボール2ストライクからセンターの前に打ち返され、走者2人が生還。逆転を許す。ここで踏ん張りたかったが、続く吉田に対しての4球目。内角の直球をレフトに運ばれて、二試合連続となる3ランホームランを放たれ、リードを4点に広げられてしまう。その裏、小原和樹(環3・盛岡三)の中安、瀬戸西の四球、河合の左安で1死満塁の場面を作るも、渡部が中飛、柳町も139㌔の球にバットは空を切り、5回に続き、チャンスを生かせず、無得点に終わる。

今日も安打に3四死球の河合

その後、エース津森の前に慶大打線は沈黙。得点の兆しが見えなかった。迎えた最終回、クリーンナップからの好打順。逆転サヨナラで決勝に進みたかったが、柳町が空三振、郡司は右邪飛とすぐに2死を取られてしまう。最後は代打・杉本京平(環3・中央中等教育)が二飛に倒れ、試合終了。慶大の「日本一」の目標はあえなく散った。

 

今春の慶大は開幕前には戦力を不安視されていたが、自分たちなりの勝ち方、すなわち「総合力」で勝つという野球を体現し、粘りに粘りを重ね、2季連続でリーグ優勝を収めるなど、十分に戦い抜いてきた。しかし、新チームになり、掲げていた目標の1つであった「日本一」はお預けとなった。しかし、春がダメなら秋がある。今春の彼らの躍進を称えるとともに、夏にまた一段と成長を遂げ、明治神宮大会での優勝の胴上げを願い、進撃を続けた今春の慶大劇場の幕を閉めよう。

 

(記事:小林歩 写真:尾崎崚登)

「春を超える」秋に向け、ここがスタートラインだ