国際武道大が徳山大を強打で圧倒し8得点。守っても3投手で完封リレーを完成させ7回コールド勝ちを決めた。

国際武道大は、昨年の準々決勝(九産大戦)で決勝打を放った指名打者の磯網栄登内野手(3年・東海大相模)が1年後の同じ舞台でも活躍し3打数3安打3打点を挙げ、チームを準決勝進出に導いた。

初戦となった2回戦では無安打に終わった磯網は、「ストライクをしっかり打つよう心がけました」と好球必打でこの試合に臨み、それが功を奏した。もともと打撃技術や狙い球の絞り方などは岩井美樹監督から「天才」と称されているだけに、ボール球に手を出さずにその実力を遺憾なく発揮した。

投げては青野善行投手(4年・市立船橋)、林桂大投手(4年・銚子商)と6回まで繋ぎ、最後は左ひじの故障でリーグ戦は2試合3イニングの登板しかなかった伊藤将司投手(4年・横浜)が7回の1イニングを無失点で締めた。岩井監督は「伊藤がいるといないでは全然違う」と話すだけに、さらに頼もしい存在が加わり、準優勝した昨年に続く準決勝進出を決めた。

 

2、3年時には侍ジャパン大学代表入りし、今秋のドラフト候補にも挙がる伊藤

 

 

 

★準々決勝・徳山大vs国際武道大
徳山大 0000000=0
武道大 340100X=8
(7回コールド)
【徳】●楠岡、吹本、西本、清水-中熊
【武】○青野、林、伊藤将-鮎ヶ瀬

 

「ストレートはまだもっと良くなる」と岩井監督は青野にも大きな期待をかけている。

 

 

 

◎徳山大・中村光宏監督

「昨日エースの岡が(約)160球を投げて、勝たせてくれたおかげで他の投手にチャンスをあげることができました。岡は“(今日も先発で)行きます”と言いましたが、他の投手に“後ろには岡がいるから思い切り投げてこい”と言い、競った展開なら中盤か終盤に岡を使う予定でした」

文=高木遊
写真=山本晃子