慶應大学 0 - 9 早稲田大学
勝:小島 敗:菊地
本塁打:早大・吉澤 3号(3回) 小太刀 1号(7回)

早稲田にとって負けの許されない早慶戦で9対0で圧勝。一矢を報いた。

両者無得点で迎えた3回、吉澤(②大阪桐蔭)の一発で先制点を挙げると相手のミスの隙に2点を入れリードを広げる。勢いに乗った5回、福岡(③川越東)から始まる連続安打で2点を追加。7回にも岸本(④関大北陽)の適時打と小太刀(④日本文理)のリーグ戦初本塁打で計9点と試合を決定づけた。

投げては2日連続先発の小島(④浦和学院)が7回無失点と連投の疲れを感じさせない好投、続く今西(②広陵)と徳山(①大阪桐蔭)も危なげのない投球で完封リレーで締めくくった。

敗れた慶應は野手陣が10安打するもチャンスを掴むことができず無得点。投手陣も試合が作れず6人で9失点と投打がかみ合わず王者の貫禄を示すことができなかった。

慶應が勝利し完全優勝達成なるか、一矢報いた早稲田が連勝で同率3位に浮上するか、春季最終戦の行方に注目だ。