6月15日から3日間、モーリシャス共和国にて開催される10人制ラグビーの国際大会「ビーチコマー・ワールドクラブ・テンズ」に、日本からの招待チームとして、神戸製鋼コベルコスティーラーズが参戦することが決まった。

 ワールドクラスのチームやスターが集まる大会で、今年はニューカッスル・ファルコンズ(イングランド)、モンペリエ(フランス)、ブルズ、シャークス(以上、南アフリカ)、ウェスタン・フォース(オーストラリア)なども参加する。

 昨年は、日本からクボタスピアーズが招待されていた。

 神戸製鋼のデーブ・ディロン ヘッドコーチは、「世界各国の高いクオリティのチームに対して、我々がどれだけ戦えるかをテストできることが楽しみなうえ、日本から離れた環境、魅力溢れるモーリシャス島でチームが過ごすことを本当に楽しみにしております。現地での素晴らしい試合を期待してください」とコメントした。