ここまで全敗で迎えた立教2回戦、負ければ未勝利のままシーズンを終えることになる背水の陣で挑んだ一戦は、4試合連続先発となった小林(3年/横浜翠嵐)、その後をリリーフした有坂(4年/ 城北)の力投で接戦に持ち込んだが、打線に元気がなく敢え無く敗戦となった。

昨日に続いて先 発のマウンドに上がった小林は4回まで相手打線を寄せつけない投球を見せ、5回に2点を失ったものの、試合を作る働きを見せた。後を継いだ有坂も粘りの投球で2点差を維持。一方、打線は8 回表まで代打井上(1年/県長野)の初ヒット1本に抑え込まれ、反撃の糸口を掴めず。8回裏には 有坂が走者2人を残し、リリーフした3番手の宮本(3年/土浦一)が痛恨の適時二塁打を許し点差 を4点に広げられる。9回の攻撃では先頭の宮本が二塁打で出塁、平田(4年/甲陽学院)の初ヒッ トとなる適時打で生還するも、反撃はここまで。打線が低調に終わった今季を象徴する試合展開で屈辱の10連敗を喫した。