グリーン回りで短い距離が残ったら、私の場合はまず転がせるかどうかを考えます。そして、転がせる場合は、できるだけロフトの立ったクラブでピンを狙います。状況によっては8番、9番アイアン…

続きを読む(外部サイトへ)