慶大が5対4で明大にサヨナラ勝ち。“首位決戦”を2勝1敗で制して優勝に再王手をかけた。



 慶大・佐藤宏樹(2年・大館鳳鳴)、明大・森下暢仁(3年・大分商)の両先発で試合開始。先制は明大。4回表1死1、3塁から5番・越智達矢(4年・丹原)のライト線へタイムリー3塁打を放つと、6番・森下智之(4年・米子東)も続いて3点を先制した。一方、序盤の好機を逃した慶大は、5回裏に反撃開始。2番・河合大樹(4年・関西学院)と4番・郡司裕也(3年・仙台育英)のタイムリーで2点を返すと、続く6回裏には代打・植田清太(4年・慶應)のタイムリー2塁打で同点。7回はともに1点ずつを奪い、両者一歩も譲らない展開で最終回を迎えた。



 9回表、慶大の4番手・石井雄也(3年・慶應志木)は無失点。するとその裏、前日の完封劇から連投となった明大の4番手・伊勢大夢(3年・九州学院)に対し、慶大が内田蓮(4年・三重)の2塁打からチャンスを作ると、2死2、3塁となった場面で代走から途中出場していた1年生の渡部遼人(1年・桐光学園)が打席へ。満塁策も考えられたが、慶大・大久保秀昭監督の「とにかく打て!」の言葉に「気持ちにスイッチが入った。打つしかない」と渡部。1ボールからの2球目のストレートを「思いっ切りスイングした」と捉え、自身リーグ3打席目での初ヒットがセンター前に抜けるサヨナラタイムリー。「サヨナラ打は初めて。僕はたまたまおいしいところを持て行っただけ。先輩方に感謝したいです」。大仕事をやってのけた身長170センチ、体重65キロの1年生が歓喜の渦に飲み込まれた。
「よく勝ちました。最後決めたのは見事。後から(試合に)出た奴がよく頑張った。ピッチャーもよく凌いだ」と大久保監督。慶大は今カード1回戦に続くサヨナラ勝ちで8勝2敗での勝ち点4。2季連続36回目の優勝に大きく前進した。



■明治大vs慶應義塾大3回戦
明治大   000 300 100=4
慶應義塾大 000 021 101X=5X
【明】森下暢、竹田、磯村、●伊勢-西野、氷見
【慶】佐藤、高橋亮、田中裕、○石井-郡司

◎慶應義塾大・大久保秀昭監督
「よく勝ちました。最後決めたのは見事。後から(試合に)出た奴がよく頑張った。ピッチャーもよく凌いだ。0対3になって(心が)折れかかりそうでしたけどよく粘った。(サヨナラ打の渡部は)高校1年生の頃からすごい光っていた。こいつと一緒にやりたいと思っていた。そういう思い入れもある選手なのでうれしい。勝負勘を持っている。でもまだまだ、大事な早慶戦があるので頑張ります」

◎慶應義塾大・渡部遼人(1年・桐光学園)
「(サヨナラ打の場面は)とりあえず打つしかない。打たないと勝てない。相手の一番いい球は真っ直ぐなので、それを打とうと思った。サヨナラということはあまり意識せずに打つことに集中しました。打球が良い所に飛んでくれました。サヨナラ打は初めてです。その前の回までに先輩たちが粘ってくれたおかげ。僕はたまたまおいしいところを持て行っただけ。先輩方に感謝したいです」

◎石井雄也(3年・慶應志木)
「同点の場面(7回)から登板して先に点を取られたので自分としては反省ですけど、野手の方が粘って頑張ってくれた。1球1球、無駄なボールがないよう、投げミスがないように心がけた。チームの目標は優勝ですけど、それよりも早慶戦で勝ち点を挙げることを目標にやって行きたい」