東京六大学野球春季リーグ対早大
2018年5月20日(日)
神宮球場

昨日は早々に先制点を取られ、先発の小島和哉の前に沈黙したチームだったが、今日は3回に相馬優人(営3)の適時三塁打で幸先よく2点を先制すると、先発の高田孝一(法2)も完投完封に迫る勢いの好投を見せ先制点を守り抜き勝利。明日の第3戦につながる理想の試合展開を見せた。

戦評

敗戦し勝ち点を逃すと4位入りも危うくなる状況で迎えた今日の試合。必ずものにするべく、チーム一丸で挑んだ。

法大打線は早大の2㍍左腕、今西拓弥と対峙し、3回にチャンスの場面を迎えた。川口凌(人4)が死球で出塁すると続く9番高田孝一(法2)が2ストライクに追い込まれながらも送りバントを成功させる。今季6試合ぶりの先発出場となった1番小林満平(法4)も右前に安打を放ち、打席には打撃好調の相馬優人(営3)。フルカウントからの6球目、147㌔の直球を打ち返すと左翼線への適時三塁打に。打った相馬は三塁ベース上でガッツポーズ。

2点の先制に成功した。さらに5回に相手の失策で1点、6回には早大3番手、徳山壮磨による暴投の間にさらに1点を追加し、早大を少しずつ引き離す。

一方、先発の高田は5回まで全てのイニングを三者凡退に抑える好投を続ける。威力のある直球に加えて変化球が低めに集まり、次々と打者を打ち取った。ノーヒットノーランも頭によぎる展開だったが、6回に先頭打者に右前安打を放たれ、この試合初めての安打を許した。その後、8番檜村篤史にも打球を中前に運ばれ、無死一、二塁のピンチを迎えたが、後続を二塁への併殺打と一ゴロに抑え、見事無失点で切り抜けた。7回以降、打線の援護は無かったが、高田は完封ペースに持ち込みかける。

しかし、最終回に試合は再び動いた。空振り三振で1アウトを取るも、続く打者に左越えの二塁打を浴び、ピンチを背負う。この場面で4番の加藤雅樹を迎えたが、ここは高田が弾いた打球を遊撃の川口凌がしっかりカバーし2アウト。あと打者1人で完封勝利という場面だが、好機で早大も黙ってはいられない。5番岸本朋也が四球で出塁すると代走の黒岩駿が盗塁に成功し、2死二、三塁の展開に。続く岩本久重を2ストライクまで追い込んだものの痛恨の左前適時打を打たれ2点を失い、ここで高田は無念の降板。後のマウンドを託されたのは朝山広憲(法3)。得点圏に走者を背負うも力のある直球で押し、最後は遊飛に打ち取って試合終了。何とか4点を守りきり、3戦目へと望みをつないだ。

高田は「完封できなかったことは自分の甘さ」と振り返ったが、立ち上がりから完璧に試合を作り、攻撃陣も相手のミスなどの貴重な好機を生かしてその好投に応えた。明日、このまま連勝して勝ち点を挙げ、先発が予想される小島和哉にリベンジを果たしたいところだ。

(渡辺詩織)

 

クローズアップ:高田孝一

「完封できなかったことが自分の甘さだと思います」9回途中2失点、5回までは無安打と圧巻の投球を見せた高田孝一(法2)が試合後、まず語ったのは反省の言葉だった。

今日は初回から直球が走っていた高田。それに加えてスライダーも低めに丁寧に制球され、早大打線に全く手を出させない。5回を終えて被安打、与四死球は共に0。まさに完璧、そして、圧巻の投球だった。「無安打であることはわかっていましたが、目の前のバッターに集中することだけを考えました」と振り返る高田。6回に初安打を許した後、捕手の中村浩人(営4)はすぐさまマウンドに行き、間をとった。その気づかいに応えるかのように、堂々たる投球で8回に迎えたピンチも凌ぎ、スコアボードに0を並べて見せる。そして、「最後まで投げ切るつもりでいた」と語った高田は9回のマウンドへ。完封はもう目前まで迫っていた。しかし、1死から3番福岡高輝に二塁打を許した後、2死から今日初めての四球を出すと、代打岩本久重に中前へ運ばれ2人が生還。あと一歩のところで完封は夢と消えてしまった。

降板後、健闘を見せた右腕にはスタンドから大きな拍手が送られた。しかし、試合後に現れた高田は「投げきりたかったというのが本音」と声を振り絞り、「自分の甘さ」という言葉で悔しさを滲ませていた。

開幕前、菅野に次ぐ『第二先発』として期待をされていた高田。しかし、今日の投球を見せられた今、彼が今後その枠に留まる投手ではないことは自明である。現状に甘んじず、反省の言葉を淡々と並べるその姿からは『法大のエース』と呼ばれる未来を期待せずにはいられない。

(山﨑有馬)

選手コメント

 

向山 基生 主将

ー今日の試合を振り返って
高田が良いピッチングをしてくれたことに尽きると思いますけど、野手も先制点取ってあげられたので、良い形で流れに乗れたのかなと思います。

ー昨日の試合から切り替えたことは
本当に昨日は試合の入りでやられてしまったような感じだったので、今日に関しては朝のアップの時点から先制点を取るように野手は(意識)していましたし、アップの時点からチームの雰囲気は昨日とは違っていたかなと思います。

ー勝ち切れない試合が続く中で3勝目となりましたが、率直にどう思う
厳しい状況ですけど、応援してくれている方々もいますし、1戦も無駄にできないと思うので、何とか明日勝って勝ち点とりたいです。

ー投手陣が厳しい結果に終わっていた中、今日好投した高田選手について
高田もオープン戦よりも思うようなピッチングができていなかった中で、すごく今日(の試合)は高田の自信にもなると思いますし、テンポも良かったので守りやすかったです。

ー理想の試合展開でしたが今日チームとして意識したことは
簡単に淡泊(な攻撃)に終わらないということです。昨日は少し淡泊だったので、淡泊に終わらないように粘って粘って中村浩がフォアボールで出た場面もあったので、それが相手に流れを渡さなかった要因かなと思います。

ー今まで第二先発だった早川隆久選手ではなく、今西選手が先発でしたがどう打ち崩していこうと考えていた
左ピッチャーなので、身長はでかいですけど、そう意識し過ぎず。一番手をなるべく早く降ろすという、その気持ちしかなかったです。

ー明日はチームにとって勝ち点のため勝負の1戦になると思います
早稲田と4位を争っている形になっていますし、1つでも勝ち点を多く取りたいですし、昨日は小島にもやられているので、明日は絶対にリベンジしたいです。

ーその小島選手への対策は
技術的なことはみんなでもう1回ミーティングしますけど、いかに野手が先制点を取って、菅野(秀哉、キャ4)が自分たちが先制するまで流れを渡さないかが鍵になると思います。

ー菅野選手に期待することは
うちが先制するまでは粘ってほしいですし、なかなか調子も上がってこないですけどエースらしいピッチングをしてほしいです。

ー明日への意気込み
明日は試合の序盤から相手をたたくイメージでやっていくので、勝ち点とります。

 

中山 翔太 内野手

ー今日の試合を振り返って

良い感じに先制できて中押し、ダメ押しとできたので、良かったと思います。

ー追加点のきっかけとなった安打を放った場面について
とりあえず安打1本で走者を返したいというのがあったので、あそこで打てて良かったです。

ーここまで好調を維持しています
基本に忠実にセンター返しを意識しているのが良い感じなのかなと思います。

ーチームとして昨日から変えたこと
球に逆らわず打つとか、そういうことですかね。

ー監督さんから何か具体的な指示などは
今日、絶対勝って明日につなげるという風には言っていました。

ー最終回に守備でミスがありました
落下点までいけたのですが、スパイクが引っ掛かってしまって、ミスにつながってしまいました。

ー明日に向けて
絶対に勝ちます。

 

相馬 優人 内野手

ー今日の試合を振り返って

昨日負けているので、何としても負けられない試合でした。本当に勝たなきゃいけない試合でした。

ー先制打の場面について
(小林)満平さんがスタメン復帰して、満平さんがつないでくれたので何としてでも返さないといけないなと思いながら打席に入りました。

ー昨日からの反省点
チームとしては、当たり前のことをしっかりまずやるというのを話しましたね。毎試合リーグ戦の序盤は勢いがなかったので、今日は最初から(勢いがつくように)力を入れてやっていこうと思いました。

ー個人として心掛けていたこと
打順が2番になったとかはありますが、それでもやることは変わらないので、その中でしっかり返すこともできたので、良かったなと思います。しかし、犠打のミスがあったので、そこは次までに修正していきたいと思います。

ー今日は打撃以外にも守備や走塁でも活躍しました
守備が僕の持ち味だと思うので、それに関してはミスは絶対にしないという気持ちでやっています。今日もしっかりさばくことができたのかなという感じです。

ー今季は、昨年まで定位置の遊撃手でなく二塁手でのプレーが続いています
大学入った時も最初は二塁手をやっていたので、そこに関しては違和感はないのです。ただ、投手から見ても絶対に安心できるような二塁手にはなりたいと思ってプレーしていますね。

ー二塁手と遊撃手の違い
遊撃手の場合は、(一塁までの距離が)遠い部分があるので、しっかり足を動かさなければならないのですが、二塁手はしっかり待ってからでも間に合うので、がっちり取ってから送球しているイメージです。

ー明日に向けて
優勝とかはない順位なんですけど、とりあえず明日絶対に勝って勝ち点を取りにいきたいと思います。

 

高田 孝一 投手

ー今日の試合を振り返って

完封できなかったことがやはり自分の甘さだと思うので、もっと力をつけていきたいと思います。

ー今日の試合を通して有効に使えた球は
まっすぐが今日は走っていたので、その力強いボールで押せたということと、スライダーも低めに集まっていたので、その2つが良かったと思います。

ー東大戦に続く好投を見せ、今季2勝目となりました
1勝目が手に入るまでが長かったのですが、1勝できてからしっかり切り替えて、自分のピッチングに集中できたので、それが今日の結果につながったと思います。

ー5回までは被安打0と圧巻の投球でした
分かってはいましたが、やはり目の前のバッターに集中することだけを考えて、ノーヒットということは意識しないようにしていました。

ー9回を投げるということはいつ決まったのか
もともと、真木(将樹)助監督から投げ切るつもりでいけ、ということは言われていたので、しっかり9回まで投げるつもりでいました。

ー無四球の投球を続けて来た中、9回2死から四球を許しました
9回の1アウトからのヒットだったり、2アウトからの四球というのは、まだまだ反省点なので、しっかり修正してなおしていきたいと思います。

ー完封目前で適時打を許してしまいました
まっすぐで押していくだけという感じだったのですが、力がなかったので、そこが自分の甘さです。

ー降板後には大きな拍手で迎えられました
投げ切りたかったというのが本音なので、拍手は嬉しかったですが、次の登板に向けてしっかり切り替えたいと思います。

ー次の登板に向けて修正すべき点は
後半につれて、ボールを投げ切ることだったり、球威というのが課題として見えたので、次の試合は同じミスはしないようにやります。

ー次戦に向けて意気込みをお願いします
エースの菅野さんも投げ切ってくれると思うので、しっかりチーム全体で勝てるように頑張っていきます。

 

フォトギャラリー

 

先制打を放った相馬
中山の安打は失策を誘い追加点となった
中山の安打は失策を誘い追加点となった
中山の安打は失策を誘い追加点となった
相手投手の暴投で生還した中村浩は小林とハイタッチ
マルチ安打を記録した向山
高田の完封がかかった場面をベンチで見守る選手たち
最後は朝山が危なげなく試合を締めた