東京六大学野球春季リーグ対早大
2018年5月19日(土)
神宮球場

前週で東大から勝ち点を挙げた法大が、2つ目の勝ち点を奪取するべく臨んだ相手は同じく勝ち点1の早大。好投手である左腕の小島和哉を警戒してか、スタメンもベンチメンバーも右打者中心の構成となったが、好機の場面で小島の前に1本が出ず。向山基生(営4)の一発で完封負けこそ凌いだものの、最後まで攻略できず敗戦を喫した。

戦評

東大戦での連日の大勝を受け、良い雰囲気の中迎えた今日の一戦。勢いそのままに勝利を掴みたいところだったが、厳しい戦いを強いられることとなった。

試合は初回から動き出す。法大先発の菅野秀哉(キャ4)はテンポ良く1、2番を打ち取るも、3番福岡高輝に内野安打で出塁されると、続く4番加藤雅樹には右翼線適時二塁打を許し、早々に先制点を献上してしまう。その後、菅野は2回、3回と走者を許しながら要所を抑える投球を見せるも、4回、先頭の岸本朋也に初球を捉えられ、左越えソロを許し、2点目を献上。巻き返しとして法大が欲しかった1点を早大に取られてしまう形となる。

一方の法大打線は、早大先発の小島和哉を前に沈黙し快音が響かない。6回を終えて放った安打は初回の相馬優人(営3)の中前安打のみ。3回から6回までは全て三者凡退と完璧に抑え込まれてしまう。

粘投を見せる菅野に応えたい打線は7回、ようやく小島を捉える。先頭の中山翔太(人4)が粘りを見せ内野安打で出塁すると、続く福田光輝(人3)も右前安打でつなぐ。続く中村浩人(営4)が犠打を決め、1死二、三塁の好機を演出し、ここで迎えるは前カードの東大戦で大車輪の活躍を見せた安本竜二(営3)。今一番波に乗っている男に大きな期待が寄せられたが、結果は空振り三振。続く代打西山翔真(法3)も空振り三振に倒れ、ようやく手にした好機を生かすことができず、小島にエースの意地を見せられる。

すると8回、今度は早大打線が菅野を捉える。簡単に2死を奪ったものの、4番加藤に四球を許してしまうと、ここから崩れてしまった菅野。安打と四球で2死満塁となり、今日最大のピンチを迎える。打席には7番小太刀緒飛。試合終盤と点差を広げられると厳しい中、走者一掃の左越え適時二塁打を許してしまい、3点の追加点を献上。菅野はここで粘り切ることができずに無念の降板となってしまった。

そして迎えた9回の攻防。守備では前カードの復活のマウンドで好投を見せた森田駿哉(営4)が登板。今日も危なげなく3人で抑え、裏の攻撃へとつなぐ。5点という点差で重い雰囲気が漂う中、先頭の向山基生(営4)が放った打球は左翼スタンドへ一直線。

小島の完封を阻止する大きな一発となった。主将の一振りを皮切りに、続く中山、中村浩も安打を放ち、粘りを見せるも、最後は代打古山侑杜(社3)が二飛に倒れ試合終了。追い上げもかなわず初戦を落としてしまう形となった。

東大戦で火を吹いた打線が一転して沈黙した今日の試合。だが、その状況にも前を向き「まだまだ巻き返していける力はあると思う」と語った向山。主将の言葉を信じ、次戦から捲土重来を期す。

(山崎有馬)

クローズアップ:向山基生

8回の攻撃を終え、法大側のスコアボードに並んだ数字は0のみ。早大の先発、小島和哉を前に打線はわずか3安打に抑えられ、完封ペースに持ち込まれていた。しかし、そんな重い雰囲気を打破したのは向山基生(営4)の一振りだった。

「死球でも何でもいい」。5点を追う展開で迎えた9回裏、先頭打者として点差を少しでも埋めるため出塁することを強く意識した。ボール球をしっかり見極め、フルカウントからの6球目。内角の直球を振り抜くと打球は左翼ポール付近のスタンドへ。1点を返し、相手エースに意地を見せつける一打となった。

思い返せば向山は対立大2回戦の7回、同点の展開でも一時勝ち越しのソロ本塁打を放っており、巻き返しを図る場面での貴重な1本が一際目立っている。後続の選手たちは主将の本塁打から勝利への執念を感じ取ったのだろう。敗戦したものの、終盤には打線がつながり、2死満塁となるまで追い上げを見せた。

法大の優勝の可能性はすでに消滅しているが、一戦必勝で戦っていくことに変わりはない。打線を、チームをけん引していくのは、やはり背番号10のこの男しかいない。

(渡辺詩織)

選手インタビュー

向山 基生 主将
ー今日の試合を振り返って

入りの部分で菅野も先制点を取られてしまいましたし、守備もちょっとしたミスがあったりとか、入りが全てを決めたかなと。そういう印象です。

ー早大先発の小島選手の印象は
やはり元々良いピッチャーですし、さらに今日は結構良い球が来ていたので、そんな簡単に点を取れるピッチャーだとは(見ていて)思いませんでした。

ー9回にはソロ本塁打を放ちましたが球種と感触は
(球種は)インコースの真っ直ぐです。もちろん良い当たりだったので良かったんですけど、自分が1打席目とかに打って打線に火をつけないといけないと思うので。1本出たのが遅かったかなと思います。

ーその後打線が追い上げを見せました
慶応と立教の時も、終盤負けている時に追い上げても追いつかないという形だったので、序盤にも最高の形で攻撃できるように準備が必要かなと思います。

ーチームとして様々な面を変えてきたと伺いましたが、まだ足りない部分は
もちろんそういう野球以外のこともまだまだ継続してさらにレベルアップしないといけないと思いますけど、今日みたいな試合は技術的な部分になるかなと思います。

ーチームの状態や雰囲気は
状態はみんな悪いわけではないと思うんですけど。まだまだ巻き返していける力はあると思うので頑張りたいです。

ー明日に向けて
明日はもう死に物狂いでとりあえず勝って、もう1回、小島にリベンジしたいです。

菅野 秀哉 投手
ー今日の試合を振り返って

先制点を取られてしまって、そこから粘ることができなかったので、悔いの残る試合でした。

ー自身の調子は
調子としてはそんなに悪くなかったんですけど、打たれた球が全部甘い球だったので、そこはしっかり反省したいなと思います。

ー7回まで2失点と粘投しましたが、8回に崩れた要因は
ツーアウトからのフォアボールが無駄だったのかなと思います。

ー前週勝ち点を取って迎えた今日の試合はどのような気持ちで臨んだ
前の試合は良い流れで試合ができていたので、今週もそのような形でいけたら良いなとは思っていました。

ー相手先発は小島選手とロースコアの試合展開が予想されましたが、意識したことは
ロースコアになると思っていたので、なるべく点数を取られないようにというのと、先制点を取られないようにというのは考えていたんですけど、(先制点を)取られてしまったのが、本当に悔いが残ります。

ー監督や助監督からは
1戦目で投げているので、そこはしっかりゲームを作って、勝てるように投げてくれというのは言われました。

ーエースとしても今後、好投が求められると思います。どのように調整していきたいですか
良い準備ができるように、とりあえず明日勝って、3戦目自分が投げて勝てるようにしたいなというのはあります。

中山 翔太 内野手
ー今日の試合を振り返って

勝てなかったことが1番悔しいです。

ー東大戦の2連勝から勢いをつけて今日の一戦を迎えましたが、チームで話したことは
良い形で勝てることができていたので、今日も絶対に初戦を取ろうという話はしていました。

ー小島選手を前に打線が沈黙しました
こっちの打線が淡白になっていたので、その隙を見せたところにしっかりと投げ込まれてしまいました。

ー2本の安打を放ちましたが感触は
感じは良くなってきていると思うので、これからもっと上げていけたら良いと思います。

ー継続して安打を放っていますが好調の要因は
基本を忠実に、大事にやっている所だと思います。

ー意識している基本というのは具体的どのようなことか
センター返しを意識して、力を抜くという感じです。

ーチーム全体として改善したい所は
いつも先制されて、後で追い上げるという形になっているので、先制できるようにやっていきたいと思います。

ー次戦に向けて意気込みをお願いします
絶対に勝って明後日につなげられるように頑張りたいと思います。

森田 駿哉 投手
ー今日の試合を振り返って

ビハインドの状態だったので、少しでも最後の攻撃に良い流れを持っていけるように意識してマウンドに上がりました。

ー復帰後2試合目の登板でしたが、前回と比べて
前回に比べて、結構気持ち的にも余裕があったので、前回よりは良かったんじゃないかなと思います。

ー最終回、負けている中どのような気持ちでマウンドに上がりましたか
本当にゲームセットするまで負けるかは分からないので、試合に勝つために自分ができることを、チームのためにやろうと思ってマウンドに臨みました。

ー9回のみの登板でしたが、長いイニングを投げるために、今後どのように準備をしていきたい
チャンスをしっかりものにしながらどんどん信頼を勝ち取って、最終的には先発もしたいなと思っているので、しっかり与えられたチャンスで結果を出していきたいと思います。

ー最高学年の投手として、投手陣全体で残りはどのような試合を作っていきたい
やはり今日は投手陣で負けているので、しっかり4年生中心に、ピッチャーで明日から4連勝できるようにやっていきたいと思います。

ー次回の登板に向けて
次回はもっと高いレベルを要求されると思うので、しっかりまた0で抑えて、チームの勝利につながるピッチングができれば良いかなと思います。

 

フォトギャラリー

先発の菅野は8回粘り切れず5失点を喫した
華麗な守備で菅野を援護した相馬
7回に安打を放ち打線をつないだ福田
9回表を9球で三者凡退とした森田
向山の本塁打の後安打を放ちガッツポーズをした中山
中山は9回裏タッチアウトになりかけたが、上手くかわしセーフを勝ち取る意地も見せた
いまだ打率ランキング3位と好調の中村浩
満塁の場面で古山が二飛に打ち取られ試合終了となった