サヨナラ負けから一夜明け、なんとしても勝利をつかみたい対早稲田大学2回戦は、またも最終回に決勝点を献上する歯がゆい試合展開となった。

2回、先制点を許した直後の攻撃では、新堀(3年/麻布)に逆転3ランが飛び出しリードして試合を進めると、1年半ぶりの先発のマウンドとなった有坂(4年/城北)はピンチを背負いながらも6回途中までを3失点と試合を作り、継投した濵﨑(3年/鶴丸)、山下大(3年/豊田西)も要所を締める投球を見せた。同点で迎えた終盤には毎回得点圏に走者を進めるも決定打に欠き、逆に9回に4安打2失点を許し万事休す。

上向きのチーム状態を維持し、第5週の法政大学戦に勝ち点獲得をかけたい。