早稲田大学 5 - 3 東京大学
勝:徳山 敗:小林
本塁打:東大・新堀 1号(2回)

最終回までもつれた試合は早稲田が競り勝ち今季初の勝ち点。

早稲田は2回表に吉澤(②大阪桐蔭)のタイムリーで先制。逆転された後の6回に代打・田口(③早稲田実)が2点タイムリーで3対3の同点とする。その後、9回に檜村(③木更津総合)のタイムリーなどで勝ち越した。

先発・早川(②木更津総合)は5回を投げて3失点。その後は6回に今西(②広陵)、8回から徳山(①大阪桐蔭)が投げいずれも無失点。救援陣の力投が勝利を呼び込んだ。

東大は先制された直後の2回裏に新堀(③麻布)が3ランホームランで一時は逆転し、投手陣も再三のピンチを踏ん張るも9回に力尽きた。

勝ち点を獲得した早稲田はこれをきっかけに上位に食い込みたい。2試合連続での接戦をみせた東大は次回こそ初勝利を目指す。