未だ勝ち点0で並ぶ早稲田大学との一戦は先発の小林(3年/横浜翠嵐)の粘りのピッチングで8回までお互い無得点の接戦を演じたが、9回に得点を許しサヨナラ負けとなった。 小林は8安打9四死球と走者こそ許したものの、遊撃手の新堀(3年/麻布)や三塁手の山下朋(3年/東海)らの好守もあり、要所を締める好投を見せた。 打線は5回のチーム初安打を皮切りに毎回のように得点圏に走者を進めるも決定打に欠き得点を奪えなかった。3番の三鍋(4年/川和)は二本の長打を放つなど好調だった。