東京大学 0 - 1 早稲田大学
勝:今西 敗:小林

今季初の勝ち点奪取へ、両チームの意地がぶつかり合いを早稲田が制した。

早稲田は先発・小島(④浦和学院)が8回を無失点と試合をつくるなどエースの意地を見せる。9回を託された今西(②広陵)は3者連続三振で流れを呼び込んだ。

一方の打線は好機こそ作るもののホームが遠く得点を上げられずいたが、9回裏に1アウト満塁として途中出場の田口(③早稲田実)が神宮初打点をセンター前へ運び、接戦に終止符を打った。

敗れた東大は先発・小林がピンチを背負ったものの粘りの投球を見せ、早稲田打線を8回まで無失点。味方の援護を待ったが、打線が応える事ができなかった

早稲田はこの勢いで今季初の勝ち点奪取を明日決めたい。東大は連勝で勝ち点奪取のためにも打線の奮起が必須だ。