早大が9回裏に代打・田口喜将(3年・早稲田実)の一打でサヨナラ勝ち。1対0で東大を退けた。

9回裏、サヨナラ打を放った早大・田口を中心に歓喜の輪が広がる

 開幕から4連敗で勝ち点のない東大と同じく1勝4敗で勝ち点0の早大が対戦。試合は、東大・小林大雅(3年・横浜翠嵐)と早大・小島和哉(4年・浦和学院)の左腕同士による投手戦となった。
 序盤は早大ペース。小島が無安打ピッチングを続ける中、打線が毎回のように出塁。だが、2回、3回、4回と得点圏に走者を送りながらも無得点に終わると、試合の流れは次第に東大へ。5回表、それまで東大が2本のヒットで1死1、3塁、6回には3番・三鍋秀悟(4年・川和)が、あわやホームランというライトフェンス直撃の2塁打。7回にも1、3塁のチャンスを作ったが、こちらも“あと1本”が出ずに無得点。じりじりとする展開が続いた中、早大が8回裏に2死満塁の好機も潰し、両者無得点のまま8回を終えることになった。

粘りの投球を続けた東大・小林だったが、最後の最後で力尽きた

 ここで登板したのが、早大の今西拓弥(2年・広陵)。先発して8回6安打無失点の好投を見せた小島の後を受けてマウンドに上ると、長身から力強いボールを投げ込んで三者連続三振。いい形で最後の攻撃へと繋げると、早大打線が9回裏に1死満塁のチャンスを作り、「明治戦では1死満塁の場面でダブルプレーになってしまった。今度は絶対に打つぞという強い気持ちで打席に入った」という代打・田口が、前進守備の内野の間を抜けるセンターへのサヨナラタイムリー。土壇場での値千金打に、早大ナインは歓喜に包まれた。

8回無失点の力投で勝利に貢献した早大・小島

 「打った瞬間、『抜けてくれ』と。ホッとしました」と田口。主将でもある小島は「自分の勝ち星よりもチームが勝てばいいと思っているので良かった」と笑みを浮かべながらも、「これからも負けられない戦いが続く。明日勝つことだけを考えて、勝ちに拘っていきたい」。敗れはしたが、8回1/3、計138球を投げて8安打1失点に抑えた東大・小林の健闘も光った一戦だった。

■東京大vs早稲田大1回戦
東京大  000 000 000=0
早稲田大 000 000 001X=1
【東】●小林-三鍋
【早】小島、○今西-岸本

◎早稲田大・髙橋広監督
「勝ちは勝ちです。小島はピンチもあったんですけどよく抑えていた。(無失点で)よく乗り切った。(サヨナラ打の田口は)そんなに左ピッチャーを苦にするタイプじゃないですし、外野フライでもいい場面だったので楽に打席に入れたと思う。いいバッティングをしてくれた。(東大先発の小林は)なかなか捕まえにくかった。でももう少し打線が援護してやらないと小島が可哀想ですね。」

◎早稲田大・今西拓弥投手(2年・広陵)
「小島さんが8回まで粘って抑えてくださったし、プロ併用日で延長もなかった。絶対に抑えて攻撃に繋がるようにと思った。ブルペンではそんなに良くなかったんですけど、気持ちで抑えることができました。(リーグ戦初勝利は)おいしいところをいただいていましました。ちゃんと抑えられて良かった」

◎東京大・浜田一志監督
「1死1、3塁のチャンスでの三振だったり、内野のエラーだったり、細かいところが積み重なって、最後は小林の体力が切れた。手応えは守備のエラーが連鎖しなかったこと。課題は三振が多いことと、ここ一番でのヒットが出ないこと。小さなミスも防がないといけない。小林はコーナーに緩急を付けてしっかりとストライクを取っていた。もっともっと成長してもらいたい」