ついに開幕した東京六大学野球2018年春季リーグ。ディフェンディングチャンピオンである慶大は東大とのマッチアップだった。初回から期待の大砲・嶋田翔(環2・樹徳)の適時打で先制すると、着実に得点を重ねる。投げては先発の髙橋亮吾(総3・慶應湘南藤沢)が8回無四球被安打1の好投を見せた。8回裏にはルーキー福井章吾(環1・大阪桐蔭)ら代打陣の活躍でダメ押しするなど大量15得点で完封勝利。盤石の試合運びで開幕戦は白星スタートとなった。

ついに帰ってきた神宮の杜。ときおり強く吹く春の風は慶大を後押しするだろうか。開幕のマウンドに上がったのは髙橋亮。初回からボールを低めに集めて3者連続三振のスタートを切ってみせた。すると直後に援護がもたらされる。トップバッターの河合大樹(総4・関西学院)が内野安打で出塁すると、2四球で塁を埋める。迎えた5番の嶋田が東大先発・宮本のストレートを捉えてレフトへ運び、2点を先制した。

しかし、その裏髙橋亮が1死後に三塁打を許して、ピンチを招く。だが、続く打者にゴロを打たせ、三塁走者をアウトにして得点を防ぐと、続く打席で相手ランナーが飛び出すミス。ランナーをアウトにして、無失点で凌いだ。

先制した慶大は勢いに乗り、2回に2番セカンドで初出場・初スタメンの田中凌馬(商3・長崎東)が右中間を破る適時三塁打を放てば、4回には先発の髙橋亮が自らライト前に適時打を放った。そして5回には1死後に内田蓮(総4・三重)が右翼席にソロ本塁打。「リラックスしていつも通り打った」というリーグ戦初アーチで差を広げていく。

一方先発の髙橋亮は「調子は良くなかった」と振り返ったがストライク先行の投球で、安打を許したのは2回のみ。ライトの中村健人(環3・中京大中京)が3回に後ろの打球をダイビングキャッチ、4回には前の打球にスライディングキャッチと好守を立て続けに見せて盛りたてた。髙橋亮は結局8イニングを四死球なしで被安打はわずかに1と東大打線を封じ込めた。

7回に1点を追加して迎えた8回は打線が爆発した。2死1塁2塁から嶋田が今日4打点となる適時打を放つと、代打のルーキー福井がライトに運ぶ初ヒット・初タイムリー、同じく代打のルーキー正木智也(政1・慶應)の押し出し四球で10点に到達する。攻撃はまだまだ続き杉本京平(理3・中央中等教育)、初出場の大平亮(環4・鎌倉学園)、ルーキー橋本典之(環1・出雲)の適時打などこの回だけで9得点を挙げた。

9回のマウンドにはリーグ戦初登板の長谷部銀次(総2・中京大中京)。四球を許すも力強い速球を武器に、ホームは踏ませずにゲームを終わらせた。

相手のミスが目立った試合だったとはいえ、15得点無失点で開幕戦を勝利できたのは大きなことだったのではないだろうか。特に迫力不足とも言われる打線が、6本の長打を含む14安打を放ったことは、打の慶應を今一度他大学にアピールすることとなった。

しかし、選手たちは今日の内容に満足はしていない。バントミスなど細かい部分で詰めきれていないという。今日はミスに付け込んだ慶大だったが、明日は我が身。勝利に浮かれずにしっかり引き締めている。その理由は目指す場所が成し遂げられなかった日本一だからだろう。 真の頂に立つためにはまだまだ足りないと2ヶ月のシーズン中も更に成長していくだろう。最高の歓喜を迎えるその時まで、陸の王者は一歩ずつ確かに歩みを進めている。

記事:尾崎崚登