慶應義塾大学 0-15 慶應大学
勝:髙橋亮 敗:宮本
本塁打:慶應・内田1号(5回)

慶應が東大を投打に圧倒し大勝。連覇に向けて好発進となった

打線は初回、嶋田(②樹徳)の適時打で先制に成功。勢いそのままに2回にも田中凌(③長崎東)4回に髙橋亮(④慶應湘南藤沢)のタイムリーが飛び出し、5回には内田(④三重)の神宮初ホームランで5対0。9回には打者一巡の猛攻で9得点を追加し14安打15得点を挙げた。

投げては先発・髙橋亮が8回を投げ被安打1の快投。後を受けた長谷部(②中京大中京)も得点を許さず完封リレーを達成。

敗れた東大は先発・宮本(③土浦一)が序盤から慶應打線に捕まり5回5失点、2番手・小林と3番手・有坂は無失点で抑えるもその後踏ん張れず失点を重ね、打線も好機を見出すことができなかった。

開幕戦勝利を挙げた慶應はこの勢いで連勝し勝ち点を奪いたい。一方の東大は切り替え、ここから連勝で巻き返せるか。