硬式野球部(東京六大学野球)は4月14日、慶應義塾大学との1回戦に臨み、0-15で敗れた。

「開幕戦となった今試合では、先発の宮本直輝投手(育・3年)が立ち上がりから制球に苦しみ、初回の2点を含む5回5失点。続く投手陣も追加点を与え、計15失点を喫した。打線は、相手先発の8回で四死球0と安定した投球の前に抑え込まれ、安打は二回に岩田昂之選手(工・4年)が放った三塁打1本のみ。九回に後を継いだ投手からも安打を放てず、完敗を喫した。東大は明日15日午後1時半ごろから慶大との2回戦に臨む予定。

東大|000000000|0
慶大|21011019Ⅹ|15

続きを読む(外部サイトへ)