立教大学 2-1 早稲田大学
勝:田中誠 敗:小島

息詰まる接戦を制した立教が幸先のいいスタートを切った。

両者無得点で迎えた7回表、先頭の飯迫(④神戸国際大付)が内野安打で出塁し得点圏まで走者を進めると、代打・林中(②敦賀気比)がレフトにタイムリー3塁打を放ち先制。直後に同点に追いつかれるも8回に4番・三井の勝ち越しタイムリーで再度リードを奪った。

投げては先発・田中誠(③大阪桐蔭)が2回から6回まで無安打に抑えるなど7回1/3を投げ被安打3、奪三振7の好投。2番手・中川もわずか1点のリードを守り逃げ切った。

敗れた早稲田は先発・小島(④浦和学院)が8回を投げ8奪三振を奪うも、終盤での失点が響いた。9回には徳山(①大阪桐蔭)と岩本(①大阪桐蔭)の同級生バッテリーが神宮初出場し1回を無失点に抑えた。

春連覇に向け好発進の立教は勝ち点獲得へ一歩前進。一方惜しくも1点差に泣いた早稲田は打線の奮起が鍵となる。