平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)

中国が最も警戒するジャパニーズ・ハリケーンが、平野美宇だ。

静岡県沼津市出身で、山梨県中央市で卓球選手の両親のもと、3歳から卓球をスタート。小学1年で全日本選手権のバンビの部を制し、同学年の伊藤美誠とともに幼少期から数々の最年少記録を打ち立ててきた。

 


若手のホープとして順調に成長を遂げ、国際大会でも実績を残してきた平野にとって大きな転機となったのは、サポート選手として帯同したリオ五輪。念願の代表権はライバルの伊藤美誠の手に渡り、そして本大会では日本チームがメダルをかける姿を観客席から眺めた。その悔しさがバネとなり、平野はさらなる進化を遂げていくことになる。

それまでは粘り強くラリーをつなげ、相手のミスを待つ安定性重視のタイプだったが、世界で勝つためにより攻撃的なプレーにスタイルチェンジ。下半身の使い方を見直し、スイングを改良していった。結果はすぐに現れ、2016年のワールドツアー・ポーランドオープンでツアー初優勝、続いてワールドカップでも史上最年少V。

2017年1月の全日本選手権では、石川佳純に前年の雪辱を晴らして史上最年少優勝となると、さらには4月のアジア選手権で、丁寧、朱雨玲、陳夢という格上の中国選手を3連破して、センセーショナルな優勝。勢いは止まらず、6月の世界卓球デュッセルドルフ大会(個人戦)でも準決勝まで勝ち上がり、48年ぶりとなる女子シングルスのメダルを獲得した。

 


「ハリケーン・ヒラノ」の快進撃は、 2017年の世界の卓球界において最も衝撃的なトピックスと言っても過言ではないだろう。右シェーク両面裏ソフトドライブ型のオーソドックスなスタイルだが、前述のようにこの1、2年で全体的な攻撃力が格段にアップ。コートの両サイドを広角に打ち抜く両ハンドドライブは中国選手がノータッチで抜かれるほどの高い精度を誇っている。

スタイルチェンジにともない、勝負に徹するメンタル的な厳しさも増した印象があり、団体戦でも頼れる存在になってきている。黄金世代の中から一歩抜け出し、そして石川を追い抜き、自分が日本の真のエースとなるためにも、このチームワールドカップで存在感を示したい。



【平野美宇(HIRANO MIU)】
生年月日:2000年4月14日
所属:JOCエリートアカデミー/大原学園
出身地:山梨県
戦型:右シェーク両面裏ソフトドライブ型
【主な戦績】
2017年 世界卓球 シングルス銅メダル
2017年 アジア選手権 シングルス金メダル
2017年 全日本選手権 シングルス優勝
2016年 ワールドカップ シングルス優勝

<チームワールドカップ2018>
日程:2018年2月22日(木)~25日(日)
会場:英国ロンドン/カッパー・ボックスアリーナ
参加国:男女各12カ国
賞金:総額27万ドル(約2,876万円)/優勝5万ドル(約543万円)
出場国:
男子:中国、日本、ドイツ、香港、韓国、スウェーデン、フランス、ブラジル、イングランド、エジプト、アメリカ、オーストラリア
女子:日本、中国、香港、台湾、ルーマニア、シンガポール、ブラジル、エジプト、北朝鮮、アメリカ、オーストラリア、イングランド
放送情報:テレビ東京系列・BSジャパンで連日放送