次世代サーファーガール、ケリア・モニーツ

ケリア・モニーツ / Kelia Moniz  生年月日:1993年2月5日 身長:162.56cm(5’4”) スタンス:グーフィー 居住地:ホノルル(ハワイ)。

父は伝説的なハワイアンサーファーであるトニー・モニーツ、叔父が日系プロサーファーであるカービー福永という名門サーフィン一家に育ったケリア・モニーツは、ジョシュ・モニーツやセス・モニーツら兄弟と共に小さな頃から男に負けないサーフィンを身につけてきた。

2012、2013年と2年連続WSL(旧ASP)ウィメンズ・ロングボードワールドチャンピオンに輝くなど美しさだけでなく実力も超一流。現在はカリフォルニアをベースに、世界中でサーフィンをしながらロング・ショートボードのコンテストも出場している。

またROXYライダーとしてだけでなく、ROXYの歴史本 『Surf Girl Roxy』のカバーモデルや商品デザイン・プロデュースも行い、世界中のサーファーガールから支持を得ている。