※掲載期限切れのため動画は削除しました

10月10日、雨天振替となった埼玉アストライア VS 兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第18戦が、川口市営球場で行われた。

先発投手、アストライア・磯崎、ディオーネは泉。

序盤3回までは両先発の好投で0-0とする。

迎えた4回、アストライア・磯崎がディオーネ打線に捕まる。
ノーアウト二塁の場面で、4番・太田が右中間を破るタイムリーを浴び0-1とする。

しかしその裏、アストライアも反撃に出る。
1アウト一塁で8番・岩見がレフト線へのタイムリースリーベースを放ち同点。
さらに2アウト三塁の場面で1番・佐藤のセンター前に抜けるタイムリーで勝ち越しに成功。

5回、ディオーネに2-3と逆転されるも続く6回。
2アウト二塁で1番・佐藤からの3連続タイムリーで一挙3点を追加し、再度逆転。

最終回は2番手投手・萱野がランナーを出すも後続を打ち取りゲームセット。

埼玉アストライア VS 兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第18戦は、5-3でアストライアが勝利した。