7回ソフトバンク2死満塁、中村晃が右前に逆転の2点打を放つ。捕手戸柱=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】

 

 

 

 福岡ソフトバンクの中村晃が日本シリーズ第2戦・横浜DeNA戦(ヤフオクドーム)で、2点を追う7回2死満塁から逆転の2点タイムリーを放った。

 「ここまで打てなかったが、クライマックスシリーズよりは楽にというか、楽しくやれていた。シンプルに来た球を打つだけだと考えていた」と中村。第1戦からここまで計7打席で、四球は2つ選ぶも無安打だった中村は「そろそろ出るかと思っていた」という打席で「ファンの方がすごい大声援を送ってくれたので、絶対に打てると思った」と、横浜DeNAの4番手・パットンの3球目をライト前にはじき返した。

 逆転の走者となった今宮が、一度はアウトの判定を受けたが、リプレー検証の結果、判定が覆って勝ち越した。「逆転になれば勝利に近づくので、祈るような気持ちだった」という中村は「タイミング的には厳しいと思ったが、(今宮)健太の素晴らしいスライディングのおかげ」と、チームメイトに感謝した。

 チームは連勝スタート。「いい勝ち方ができた。みんなでつかんだ勝利」と喜んだヒーローは「このままの勢いで日本一になれるように、横浜で決められるように全力で頑張る」と、本拠地のファンに向けて力強く宣言した。