@‚P‰ñƒƒtƒgƒoƒ“ƒN‚PŽ€“ñ—ہAƒfƒXƒpƒCƒl‚ª¶‰z‚¦‚ɐ搧“ñ—Û‘Å‚ð•ú‚B•ßŽè—äˆäƒ„ƒtƒIƒNƒh[ƒ€

1回ソフトバンク1死二塁、デスパイネが左越えに先制二塁打を放つ。捕手嶺井=ヤフオクドーム【写真提供:共同通信社】[/caption]

 

 福岡ソフトバンクのデスパイネが28日の日本シリーズ第1戦・横浜DeNA(ヤフオクドーム)に「3番・DH」で先発出場し、3安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

 工藤監督が試合前に「先制点が大事」と話したシリーズ初戦。初回の1死2塁の場面で打席に入ると、横浜DeNAの先発・井納の1ストライクからの2球目、高めの148キロストレートをレフト線へ弾き返す先制のタイムリー2塁打。「球場の歓声がすごかったので、気分良く打席に入れた。最初のチャンスで先制できてよかった」と気分を良くすると、3回の第2打席には先頭打者としてヒット。そして横浜DeNAに1点を返された直後の5回裏の第3打席では、2ボール2ストライクからの6球目のフォークをセンター前へ、この日2本目のタイムリー。「千賀が失点した後だったし、流れを向こうにやりたくなかった。どうにかして得点したかった」という一打から、チームはこの回一挙7点の猛攻で試合を決めた。

 キューバから来日4年目。今季から福岡ソフトバンクに移籍して初の大舞台に立った主砲は「自分の役割は走者を還すこと。今日はそれができてよかった」と、自身初の日本一へ笑顔を見せた。