立大が8対2で法大に大勝。今カードの対戦成績を1勝1敗1分けとして4回戦へと持ち込んだ。

 

リーグ戦初先発で好投した立大の1年生左腕・比屋根

 

 

 

試合開始前から冷たい雨が降り続く中で行われた水曜日決戦。立大は1年生左腕の比屋根雅也(1年・興南)がリーグ戦初先発。対する法大は、今季5勝を挙げて3試合連続完投勝利中のエース・菅野秀哉(4年・小高工)がマウンドに上った。

まずは2回、立大が5番・藤野隼大(2年・川越東)が「真ん中高めのストレート。思いっ切り打ちに行った」という今季4号のソロ本塁打で1点を先制。その裏、法大が連続四球から1死2、3塁のチャンスをもらった後に比屋根の暴投で同点に追い付いたが、中盤以降は立大ペース。4回表1死2、3塁から飯迫恵士(3年・神戸国際大附)のレフトへのタイムリーで2点を勝ち越すと、続く5回表には2番・種田真大(3年・大垣日大)がライトへ自身リーグ戦初本塁打となる2ラン。5回裏に法大が小林満平(3年・中京大中京)のソロ本塁打で1点を返したが、直後の6回表に立大が8番・林田景太(3年・島原)にもリーグ戦初本塁打となる3ランが飛び出し、一気に突き放した。

 

4回表、立大・飯迫のタイムリーで2者が生還する

 

 

 

立大の比屋根は雨でぬかるんだマウンドにも3回以降はしっかりと試合を作り、5回を3安打2失点に抑えてリーグ戦初勝利。6回からは手塚周が(2年・福島)が4イニングを1安打無失点に抑える好投。投打の噛み合った快勝に、溝口智成監督は「久々ですね」と納得の笑みを見せた。敗れた法大は、菅野が5回を4安打5失点(自責3)で降板して大敗。4回戦は第8週終了の翌日13時から行われることになった。

 

4試合連続完投を狙った法大・菅野だったが雨に苦しんだ

 

 

 

■立教大vs法政大3回戦

立教大 010 223 000=8
法政大 010 010 000=2
【法】●菅野、鈴木昭、高氏、柏野-中村浩、宮﨑
【立】〇比屋根、手塚-藤野
本塁打:立教大・藤野《2回ソロ》、種田《5回2ラン》、林田《6回3ラン》
    法政大・小林《5回ソロ》

◎立教大・溝口智成監督

「5連敗で昨日も勝ち切れずでしたけど、今日は良かった。藤野のホームランで元気が出た。ひと振りで真っ直ぐを仕留めた。チームに勇気を与える一打だった。比屋根はどこまで行けるかは考えずに1イニングでも2イニングでも、というところだったが、5回までよく投げた。もう一回、仕切り直して、ラストゲームに臨める。もう一回、このチームの良い時の戦

いができるように準備させたいと思います」

◎立教大・比屋根雅也(1年・興南)

「内容は完璧とは言えないんですけど、どうにかしてチームの勝ちに繋がるピッチングができたので良かった。まずは初回をしっかりと抑えきるという気持ちで入った。2回に四球を2つ出して失点に繋がってしまったのは反省です。(雨で)足場は気になりましたけど、自分のピッチングをするしかない。うまく立て直せたので良かった。次は4年生と試合ができる最後の試合になる。勝って終われるようにしたい」

◎立教大・藤野隼大(2年・川越東)

「今まで逆方向のホームランがなかったんですけど、今日は打った瞬間入るという手応えがあった。今日は自分たちの野球が久々にできた。次の試合まで間が空くのでしっかりと調整したい」