「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」

岸田 行倫(大阪ガス・捕手)
きしだ ・ゆきのり
右投右打 175cm78kg 1996年10月10日生

 

兵庫県川西市出身。幼少期から野球を始め、市立加茂小では、軟式・加茂ブレーブス、市立川西南中ではヤングリーグ・兵庫タイガースで硬式野球を学び、地元・報徳学園高に入学。ここまでは主に内野手と投手を務めていたが、2年秋になると捕手へ転向。当時は最速145キロ救援投手との「二刀流」として話題を集め、2年春、3年春の2回出場した甲子園でも2試合に登板。計4回3分の1を1安打6三振無失点に抑えた。なお、3年生では侍ジャパンU-18日本代表に選ばれ、BFA U-18アジア選手権5試合で.412の高打率を残し準決勝。木製バットへの対応力も示している。

卒業後は近畿地区社会人の雄・大阪ガスに入社。1年目の都市対抗まではブルペン捕手を務めていたが秋の日本選手権に入ると正捕手を奪取。全4試合でマスクを被りチームの10大会ぶりとなるベスト4入りを支えた。さらに昨年の日本選手権では酒居知史、土肥星也(共に千葉ロッテ)らの投手陣を巧みにリード、さらに二塁送球1秒8台にまでタイムを縮めた強肩に加え打率.308と打力の成長もアピールし、2大会連続となるベスト4入りに貢献。特に猿渡真之が大会史上3人目となるノーヒットノーランを達成した準々決勝では、抜群のリードに加え、唯一出した走者の盗塁を阻止。打者27人偉業達成をアシストした。

今年は都市対抗出場は逃したものの、NTT西日本の補強選手として客観的な視点も勉強。近畿第2代表としての日本選手権出場につなげ、ドラフトを待つ立場となった。捕手転向4年目にして公式戦における実戦経験値はプロを含めた同年代に大きく勝る岸田。強肩強打、かつ伸びしろ十分の21歳という年齢をもアピールポイントにして、高校時代はまだ夢の場所であったプロへの扉を開きにいく。