いよいよ最終カードを迎えた法大。先発菅野は2回に1点を失うが、3回に中山の適時打で同点に追いつくと5回に暴投と中山、毛利の連続適時打で4点の勝ち越しに成功。菅野はその後立ち直り終わってみれば9回4安打6奪三振。3試合連続今季4度目の完投勝利でリーグ戦単独トップとなる5勝目を挙げた。勝ち点奪取へ先勝を飾り、有終の美へ勢いに乗る快勝となった。

 

 台風一過の青空のもと、ついに今季も最終カードを迎えた。春の雪辱を果たせるか。立大1回戦が幕を開けた。

 法大の先発は、ここまで4勝をマークしている菅野秀哉(キャ3)。初回から2者連続で三振を奪う。3番飯迫恵士に打球を捉えられるも二塁手小林満平(法3)がジャンプして捕球。菅野を助けるファインプレーを見せた。しかし、2回。先頭打者に四球を与えてしまう。続く5番藤野隼大に中前安打を許すと7番笠松悠哉の左犠飛で1点を先制された。

 一方、立大の先発を務めたのは2年生左腕田中誠也。昨季立大3回戦では、1安打完封負けを喫した相手にリベンジを狙った。打線は1回に森龍馬(キャ4)に中前安打、2回に相馬優人(営3)に左前三塁打が出るも得点にはつながらず。そして迎えた3回。中村浩人(営3)が右前安打で出塁すると1番向山基生(営3)の犠打、小林の死球で1死一、二塁とする。森が空三振に倒れ、打席には4番中山翔太(人3)。7球目を捉え右前に運ぶと、1点を返し同点とした。試合が大きく動いたのは5回裏だった。中村と小林が内野安打で出塁すると、暴投で1点の勝ち越しに成功。森が四球で出塁し、1死一、二塁の好機でまたも打席には中山。振り抜いた打球は右中間2点適時二塁打に。続く毛利元哉(法2)も見事な中越え三塁打を放ち、さらに2点を追加。この回一挙4得点で、相手を大きく引き離した。

 味方の打線に応えるように菅野も粘りの投球を続け、スコアボードには0が並ぶ。しかし9回、先頭打者の林田景太に安打を許すとそこから制球が乱れがちに。四球を2つ献上し、2死満塁のピンチに追い込まれてしまう。打席には代打松﨑健造。ベンチもスタンドも皆、頼れる右腕に望みを託した。結果は空三振。粘りの投球で菅野は自身初となる5勝目を挙げてみせた。

 まさに投打がかみ合った試合だった。泣いても笑っても今季最終カード。法大を応援する全ての人へ、そして4年生への感謝の思いを胸に全力で戦ってほしい。今季を笑顔で締めくくり「強い法政」復活への第一歩としてみせる。(下河辺果歩)

 

クローズアップ

小林満平 (逆転につなげた執念の内野安打 苦しんだ1年を糧に恩返しの一打を)

 「本当にいろんなことがあった」小林満平(法3)は1年間をこう振り返った。昨季は打撃不振に陥り本来の力を発揮できずに終わった。今季に入り、初先発となった対慶大1回戦では適時打を放ち復活をアピールしたかのように思われた。しかしその2日後の3回戦、一打勝ち越しの好機の場面で攻撃の流れを断ち切る痛恨のサインミス。直後の回から懲罰交代し翌日の試合では先発出場どころかベンチからも外れ、再び悔しさを味わう。しかしそこで小林が腐ることはなかった。青木監督の存在があったからだ。自身悪い所や今後の課題を話し合い、自分を見つめ直した。その時間が今季を戦っていく上で小林にとっての大きな転機になったという。その後、対東大2回戦で先発復帰を果たし、適時打を含む2安打の活躍。与えられたチャンスを確実にものにした。

 小林は以前「打てなくても何か1日1ついいプレーをする。欲張らずにコツコツとやっていきたい」と話した。その言葉通り、今季は打撃だけでなく夏に重点的に取り組んだ守備と走塁も要所で光っている。今日の試合でも持ち味の足を生かして内野安打をもぎ取りクリーンアップに繋げ、逆転のきっかけをつくった。そのようなスタンスやプレーからはチームのために貢献したいという気持ちが人一倍強いことが伺える。今季も残すところあとわずか。これまでの苦悩や失敗を糧にしてチームを勝利に導き、結果で青木監督や引退が近づく4年生への感謝の思いを示す。(渡辺詩織)