万策尽きた。優勝するためには、2連勝が必須条件であった最終カード。2日間の中止を挟み迎えた初戦であったが、打線が法大エース・菅野(3年=小高工)の前に沈黙。散発4安打に抑えられ、春秋連覇の夢が、ついに途絶えた。

 幸先の良い先制に見えた。打線は2回、四球とヒットの走者を犠打で進めチャンスを作ると、打席には今季打撃不振に悩む7番・笠松(コ4=大阪桐蔭)。ここは、さすが元4番とばかりに初球で左中間への犠飛を放ち立大が先制点を奪う。しかし、続くチャンスに主将・熊谷(コ4=仙台育英)は三振。リードは1点止まりのまま試合は進む。

 いつも通りマウンドで一礼すると、エースは淡々と白球を投げ込んだ。「テンポを意識した」と、先発の田中誠(コ2=大阪桐蔭)。強力法大打線相手に、緩急を交えた粘りの投球を披露する。3回、打ち損ないの当たりが適時打となり同点にされるも、続くピンチは直球で相手打者を封じ込める。熊谷のダイビングキャッチや、藤野(営2=川越東)の盗塁刺殺など、守備陣にも助けられる。試合は投手戦を匂わせた。

この日先発のエース・田中誠

 だが、我慢はそう長くは続かなかった。5回、突如として田中の球が法大打線につかまり4失点。ここまで幾度となく立大を救った左腕も、今季600球を迎え力尽きた。スコアボードに、重い「4」が灯る。打線も早打ちが目立ち、回は進んでいく。連覇に望みを持たせるため--。最終回、主将はいつもより長い円陣を組み打線に奮起を促す。何としても、あと4点が必要だった。

 先頭の2番・林田(観3=島原)のヒットを放つと、2死後、大東(社4=長良)が四球を選びチャンスは続く。打線は意地のつながりを見せ、一発出れば同点の2死満塁。打席の代打・松﨑(文3=横浜)に、ファンの声援はこの日最高潮に達した。しかし、菅野の渾身の直球に松崎のバットは空を切る。立教の連覇の夢が、はかなく散った。

 王者として、彼らの戦いは見事であった。「仕方ないでは済まされない」、「どうやったら勝てるのか考えたい」。選手から聞かれたこの言葉に、最後まで戦い抜く意地を見た。試合終了後、主将は悔しさをにじませつつも笑顔で感謝の言葉を振り絞った。「応援、ありがとうございました」。明日も続く、熊谷立教の2017年。勝利を掴んだ彼らの最後はきっと、真の笑顔で満ちあふれている--。

(10月23日・川村健裕)