■今年も粒ぞろいの投手陣

 昨年は育成を除くと17人の指名にとどまった社会人野球。しかし、新人王を争った西武・源田壮亮(トヨタ自動車)とオリックス・山岡泰輔(東京ガス)をはじめ、その面々は粒ぞろいだったといえる。特に投手の活躍ぶりは目を見張るものがあり、山岡の他にも、巨人の池田駿(ヤマハ)、西武の平井克典(Honda鈴鹿)、楽天の森原康平(新日鉄住金広畑)と高梨雄平(JX-ENEOS)、ロッテの酒居知史(大阪ガス)と有吉優樹(九州三菱自動車)らが、与えられた役割で結果を残した。
 今年も有力候補には多くの好投手が名を連ねているが、中でも目玉は田嶋大樹(JR東日本)だろう。ストレートとスライダーのコンビネーションを軸に、今年の都市対抗では2試合連続完封をマーク。マウンド度胸も良く、完成度の高さは抜きんでている。逆に、粗削りだが底知れぬポテンシャルを持つのが鈴木博志(ヤマハ)だ。桁違いの馬力で投げ込むストレートは最速157キロ。クローザー候補と目されるが、今年の日本選手権予選では先発して1安打完封の快投も見せた。
 大卒組では、鈴木康平(日立製作所)の評価が高い。長身から投げ下ろすストレートのキレは一級品。制球力も高く、安定して試合をつくることができる。西村天裕(NTT東日本)は、最速154キロのストレートが魅力の剛腕だ。帝京大時代は故障に泣いて指名漏れを味わっただけに、その悔しさを晴らしたいところ。小柄だが投げっぷりが良い嶽野雄貴(西濃運輸)は、力強い直球に精度の高い変化球を兼ね備える。JX-ENEOSの2枚看板は、柏原史陽がストレートの威力で打者を圧倒する速球派。齋藤俊介は切れ味鋭いスライダーやスプリットが武器の本格派だ。

【写真提供:共同通信社】

 

 

 

■確かな実力を持つ野手陣

 野手では、田中俊太(日立製作所)に注目したい。実兄の田中広輔(現・広島)と同様にシュアな打撃が持ち味で、昨年の社会人ベストナインにも選出された。源田の後継者である藤岡裕大(トヨタ自動車)は、強肩を生かした華麗な遊撃守備が持ち味だ。
 長距離砲では、北川利生(日本通運)の名前が挙がる。逆方向にも長打が放てる右打者で、今年の都市対抗では久慈賞に輝いた。左打者では、丸子達也(JR東日本)がスイングスピードの速さと選球眼の良さを持ち合わせている。
 捕手では、松本直樹(西濃運輸)が有力株。スローイングの素早さはずばぬけており、昨年の都市対抗で本塁打を放ったパンチ力も魅力だ。

■吉報を待つ独立リーガーたち

 昨年は10人をNPBに輩出した独立リーグ。今年の注目選手を見ると、四国アイランドリーグplusでは伊藤翔(徳島インディゴソックス)の名前が真っ先に挙がる。ダイナミックなフォームから投げ込む快速球で鳴らし、今季は高卒1年目ながらリーグ3位の防御率2.18を記録した。又吉(現・中日)をほうふつとさせるサイド右腕の原田宥希(香川オリーブガイナーズ)は、鋭いスライダーを武器に最多奪三振を獲得。野手では、「クリス」の登録名でプレーする稲垣将幸(香川オリーブガイナーズ)が、並み居る外国人打者を抑えて本塁打王に輝いた。
 ルートインBCリーグでは、変則左腕の渡邉雄大(新潟アルビレックスBC)に注目。横手から繰り出すスライダーで三振の山を築き、今季は最優秀防御率を獲得した。野手では、高卒1年目の知野直人(新潟アルビレックスBC)。シーズン途中に選手契約を結ぶと、いきなり打率3割5分をマークした有望株だ。
 ベースボールファーストリーグでは、田中燿飛(兵庫ブルーサンダーズ)に期待がかかる。今季はリーグ史上初の2ケタ本塁打を放ち、打率との2冠に輝いた。

※データは全て2017年10月17日終了時点