「時は来た!ドラフト指名を待つ男たち」

増田 珠 ますだ・しゅう
横浜高
外野手・右投右打・181センチ83キロ 1999年5月21日生(18歳)

 

神奈川の名門・横浜高でチームを牽引してきた外野手。遠投100メートルを優に超える肩と50メートル6秒0の俊足を活かした守備や走塁に、高校通算33本塁打を生み出した豪快なフルスイングを強みとする。

 そんな増田の故郷は長崎県長崎市。長崎市立稲佐小1年時に稲佐青空でソフトボールを始めると、投手として九州大会準優勝。市立淵中では地元の硬式野球チーム・長崎リトルシニアに入団し、投手・外野手として全国大会出場。侍ジャパンU-15代表として参加したWBSC U-15ワールドカップでも全試合4番で出場した。

 高校は地元を離れ、「横浜高校に行ってプロ野球選手になる」という強い意志を持って野球留学。1年夏の神奈川大会では中堅手でスタメンの座をつかみ取り、1番打者として29打数11安打1本塁打5打点。1年秋も主力として活躍。右手首疲労骨折から復帰した2年夏には3番中堅手として県大会で打率.440、3本塁打で甲子園出場。甲子園でも2試合で8打数4安打とつめ跡を残した。

 最上級生となった2年秋、自身は9試合34打数15安打2本塁打10打点もチームは関東大会準々決勝で敗退。この悔しさをバネにバットを振り込んだ結果、神奈川県大会で準優勝した春は26打数15安打2本塁打12打点で長打率10割。第1シードで迎えた神奈川大会では、5回戦以降大会新記録の4試合連続、大会最多タイの5本塁打。夏の甲子園では初戦敗退を喫するも、これが決め手となり侍ジャパンU-18代表に選出されると、WBSC U-18ワールドカップ・カナダとの3位決定戦では4打数2安打1打点で有終の美を飾った。

 本人曰く「センターの神様に挨拶をしている」守備に就いた際の謙虚さや弾ける笑顔、ハツラツとした素直さは、厳しいプロの世界を生き抜くのに必須な要素。伸びしろとこれらの人間性を兼ね備えた増田は、大型スラッガー以上のスケール感を持った選手を目指す。