東大打線がついに本領を発揮した。5回までに12安打を集めて8得点、大量援護をもらった宮台(4年/湘南)も自責点0で完投し、法大相手に先勝を飾った。

東大は2回、1死3塁から8番杉本(3年/金沢泉丘)のスクイズで先制<東1-0法>、3回は2死13塁から5番山田(4年/桐朋)の適時打で追加点<東2-0法>、4回にも2死3塁から1番辻居(2年/栄光学園)の適時打でリードを広げる<東3-0法>。
5回には打線が繋がり、1死満塁から7番三鍋(3年/川和)の2点適時打<東5-0法>、さらに安打で1死満塁として9番宮台(4年/湘南)の2点適時打で畳みかけ<東7-0法>、さらにこの後内野ゴロの間に1点を追加し、この回一挙5得点で相手を突き放す<東8-0法>。
6回、7回と守備の乱れもあり2点を返されるも<東8-2法>、8回に先頭の代打福井(3年/駒場東邦)が二塁打で出塁、1死後4番田口(4年/西大和学園)が左中間への適時二塁打でダメ押しの1点<東9-2法>、投打に圧倒し完勝した。