優勝を狙う立大にとって絶対に負けられない戦いとなった明大戦。第1戦は1-2と惜敗してしまったがまだ紫合戦は終わっていない。スローガンである「剹力同心」で明日以降持ち直してほしい。

 

 初回。明大のエース齊藤(4年=桐蔭学園)から先頭打者、熊谷(コ4=仙台育英)が右前安打を放つ。一死後、山根(営4=浦和学院)も右前安打で続き一、三塁と好機を広げる。続く4番笠松(コ4=大阪桐蔭)の三塁ゴロの間に熊谷がホームに生還し幸先よく先制した。このまま一気に明大を飲み込める雰囲気であったが、そこは強敵。そう簡単に流れを渡さない。その裏、田中誠(コ2=大阪桐蔭)が先頭打者に四球を与えると4番逢澤(3年=関西)に中前安打を打たれ、追いつかれてしまう。どうにか明大と差をつけたい立大は2回、藤野(営2=川越東)と田中誠の連打などで二死満塁の好機を迎えるも後続打者が凡退し、無得点に終わった。

今季初完投を決めたエース・田中誠

 先発、田中誠も徐々に立ち直りの気配を見せていたが6回裏、立大が警戒していた打者の一人でもある河野(4年=鳴門)に甘く入ったストレートを完璧に捉えられ、打球は左翼席に吸い込まれた。それでも8回を119球で完投し、最後の攻撃に望みを託す。1-2のまま迎えた運命の9回。簡単に二死を取られるも、ここから立大打線が粘りを見せる。今秋レギュラーを掴んだ大東(社4=長良)が執念のヘッドスライディングで出塁すると髙田(コ4=浦和学院)、藤野も連打で続き二死満塁の好機が再び訪れる。ここで迎えるは代打、江波戸(コ4=成田国際)。カウント2-2と追い込まれながらもファールで4球粘り、迎えた9球目。齊藤のインコースのストレートにバットが出ず反撃もここまで。

一発逆転のチャンスで内野安打を放った大東

 「甘さが見えた」と田中誠が振り返るこの試合。強敵、明大に対して初回に先制したことや大東のヘッドスライディングなど随所に光るプレーも見えた。「試合内容としては悪くはなかった」と振り返った主将・熊谷。彼を筆頭にチーム全員の気持ちを入れ替え、明日の勝利をもぎ取り、勝ち点「1」に繋げ優勝に王手をかけてほしい。