ようやく早大らしい試合を見せてくれた。東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)第4週は、勝ち点1を懸けて東大と対戦。東大のエース・宮台康平(4年)が慶大1回戦で強力打線を封じ、勝利をつかんだだけに警戒していたナインであったが、4番・加藤雅樹(社2=東京・早実)にも今季初安打が出るなど9-2で快勝。危なげない内容で先勝し、あすの2回戦に臨むこととなった。

 

 先制点を得たのは早大だった。2回に7番・岸本朋也(スポ3=大阪・関大北陽)が四球によって出塁すると、犠打と内野安打で1死一、三塁の好機を迎える。そして迎えた打者は八木健太郎(スポ4=東京・早実)。その八木の打席、4球目が暴投になり1点を先制した。するとラッキーなかたちでの先制点もつかの間、八木が5球目の甘く入った直球を左中間スタンドへ運びうれしいリーグ戦初本塁打。この回一気に3点を奪い取った。5回にも早大打線が火を上げる。2者連続で四球により走者が出ると、今季いまだ安打がない加藤が初球のスライダーを逆らわずに左翼線へ弾き返す適時二塁打を放ち、貴重な中押し点を挙げる。開幕から極度の不振にあえぎ今までの野球人生で一番苦しんだという加藤。今後の試合はこの安打を糧に「自分の最善を一打に出す」と力強く話した。その勢いは6回も止まらず、2死二塁から再び八木が右翼線へ適時二塁打を放ち1点を取ると、さらに四球で出塁した岡大起(社4=東京・早実)と共に重塁を仕掛けそれぞれ二、三塁へ。東大を突き放す好機で打席に立ったのは、今季チーム一の打撃成績を持つ福岡高輝(スポ2=埼玉・川越東)。中前適時打を放ち、8点目を得ると宮台を引きずり下ろした。9回にも檜村の三塁打によりダメ押しの1点を奪うなど、好機を逃さなかった。

 

八木は好調のバロメータである右方向への当たりを取り戻した

 先発を任された小島和哉(スポ3=埼玉・浦和学院)は、変化球を中心とした投球で初回を三者凡退に抑える抜群の立ち上がりを見せる。しかし、2回には初球の甘く入った直球を4番・田口耕蔵(4年)に捉えられ左翼線を抜かれると、二者連続で四球を許すなど早くも制球に苦しむ。2死一、二塁から迎えたピンチには、中前へのハーフバウンドとなった打球の処理を三倉進(スポ4=愛知・東邦)三倉進(スポ4=愛知・東邦)が誤り、1点を返された。その後も安定しないピッチングが続くが、3、4回と続けて一塁走者をけん制で刺殺し、冷静にピンチの芽を摘む。5回には3番・楠田創(4年)の適時二塁打により再び1点を奪われるものの、2死二塁から4番・田口を敬遠。次の左打者を確実にアウトを奪い取り、最少失点で切り抜けた。6回からは、今西拓弥(スポ1=広島・広陵)が登板。打者6人をパーフェクトに抑え中継ぎとしての役目を果たす。8回からは増田圭佑(文3=茨城・江戸川学園取手)がリーグ戦デビューとなるマウンドへ。代わって先頭を死球で出塁させるが、次打者を三ゴロ併殺に切って取る。結果的に打者6人を無安打に抑える上々の内容であった。

 

6四球と制球に苦しみながら今季初勝利をつかんだ小島

 この秋は負けが先行していた早大だが、この日は東大を寄せ付けず完勝。連敗を3でストップさせた。「いいバッティングができた」と髙橋広監督(昭52教卒=愛媛・西条)も満足げに試合を振り返る。すでに勝ち点を2つ落とし、残りの試合を勝ち続けるしかない早大にとって、この1勝が逆襲への第一歩となるだろうか。あすの2回戦も勝利し、連勝での勝ち点1をつかみたい。

 

(記事 秦絵里香、写真 平松史帆、越智万里子)