1勝1敗1分で4回戦にもつれ込んだ慶大と法大の戦いは、この日も接戦となったが、法大が慶大の反撃をなんとか振り払い、7対6で競り勝った。

 法大は3回に郡司裕也捕手(2年・仙台育英)の2試合連続本塁打、4回に岩見雅紀外野手(4年・比叡山)の3試合連続本塁打を浴びて3点のリードを許す苦しい戦いを序盤に強いられた。だが、4回裏にこの日スタメンに起用された川口凌内野手(3年・横浜)のライトオーバーの走者一掃となる三塁打で同点に追いつく。

 6回には川口の二塁打などで無死満塁のチャンスを作ると、打席には5回から救援登板していたエースの菅野秀哉投手(3年・小高工)。すると青木久典監督の「フライを打ってこい」と送り出された期待に応えるセンターへの犠牲フライで勝ち越しに成功。さらに続く船曳海外野手(2年・天理)がセンターオーバーの2点タイムリーを放ち、7回には川口が再びタイムリーを放ちダメ押し。

貴重な追加点となるタイムリーを放った船曳海(法政大)

 9回に慶大の代打・明渡凌内野手(4年・桐蔭)の2ランなどで1点差に迫られるが、後続を法大の抑え右腕・熊谷拓也投手(4年・平塚学園)がなんとか抑えて、7対6で逃げ切った。

■慶應義塾大vs法政大4回戦
慶應義塾大 001200003=6
法政大   00030310X=7
【慶】津留﨑、●石井、佐藤、高橋亮—郡司
【法】長谷川、◯菅野、熊谷—中村浩
本塁打:慶應義塾大・郡司(3回ソロ)岩見(4回2ラン)明渡(9回2ラン)

◎法政大・青木久典監督
「(6回無死満塁の場面は)打力のある菅野だったので、やってくれるだろうと思いました。その後の船曳の一打も大きかったですね。(3安打3打点の川口は)付きっきりで指導していました。期待に応えてくれました。チームで1番練習している選手です」

文・写真:高木遊