勝ち点の懸かった慶大3回戦は、相手投手の立ち上がりを攻め、先制の1点をもぎ取ったものの、中盤に大量失点。しかし、今日の東大は勝ち点1へ諦めない執念を見せ、終盤に怒涛の追い上げを掛けたが、あと一歩及ばず惜敗となった。

東大は初回、先頭が四球を選び、犠打と3番楠田(4年/桐朋)の安打で1死13塁とすると、内野ゴロの間に1点を先制する<東1-0慶>。
中2日での先発となった宮台(4年/湘南)は、初回、2回とゼロに抑えるも、3回に2死を取った後、四球と安打で13塁とランナーを溜めると、本塁打を浴び逆転を許してしまう<東1-3慶>。
続く4回には1死後、3連打で1点を失い<東1-4慶>、13塁となってセーフティスクイズを宮台が本塁へ悪送球(記録は野選)<東1-5慶>、さらに2死23塁から左中間への適時二塁打を浴び、宮台はここで降板<東1-7慶>。
2番手濵﨑(2年/鶴丸)がリリーフで登板も適時打を浴び、さらに1点を失う<東1-8慶>。
反撃したい打線は7回、2つの四球で1死12塁から、9番小林(2年/横浜翠嵐)の三塁線への犠打が相手投手の一塁悪送球を誘い、2塁走者が生還<東2-8慶>、なおも13塁から1番辻居(2年/栄光学園)がセンターへの適時打でさらに1点を返す<東3-8慶>。
捕逸などで2死23塁となったところで相手投手が交代、その初球を3番楠田がレフトスタンドへ運び2点差に迫る<東6-8慶>。
しかしその裏、犠飛と適時二塁打で4点差に広げられ<東6-10慶>、8回にはリリーフに上がった柴田(4年/洛星)が失策で走者を許すと、2本の適時打で3点を失う<東6-13慶>。
迎えた9回、1死からリリーフで登板の9番宮本(2年/土浦一)が左中間を破る二塁打で出塁、1番辻居がレフトスタンドへリーグ戦初本塁打を放つ<東8-13慶>。
さらに2番新堀(2年/麻布)、3番楠田の連打で13塁とし、4番田口(4年/西大和学園)の犠飛でさらに1点返す<東9-13慶>。
2死となったが、途中出場の5番岡(1年/小倉)が追い込まれながらも安打でつなぎ12塁とすると、6番山下朋(2年/東海)の当たりをレフトが弾き、2塁走者が生還<東10-13慶>。
なおも12塁と一発同点の場面を迎えたが、後続は倒れ試合終了。勝ち点への執念もあと一歩届かなかった。