東京大学 10-13 慶應大学
勝:津留﨑 敗:宮台
本塁打:東大・楠田 2号(7回)、辻居 1号(9回)/慶應・岩見 1号(3回)

打撃戦を制した慶應が連勝。開幕カードで勝ち点を獲得した。

慶應は1点を追う3回、4番・岩見(比叡山)が通算15本目となる今季1号逆転3ラン。続く4回には先発の津留﨑(慶應)、柳町(慶應)、岩見の適時打で一挙5得点。8対1とした。7回に2点差まで詰め寄られるも、直後の攻撃で2点を加点。8回にも清水翔(桐蔭学園)、倉田(浜松西)の適時打で3点を奪い、13対6と試合を決定付けた。

投げてはリーグ戦初先発の津留﨑が5回1失点、6奪三振の好投。その後は佐藤(大館鳳鳴)、菊地(慶應志木)、髙橋佑(川越東)のリレーで東大の反撃を振り切った。

敗れた東大はエース・宮台(湘南)が3回途中7失点で降板。あとに続く投手陣も慶應打線を止めることができず13失点。打線が楠田(桐朋)、辻居(栄光学園)の本塁打など、2003年秋以来となる二桁得点で追い上げを見せるも、あと一歩及ばず。15年ぶりの勝ち点獲得とはならなかった。