先勝で迎えた慶大2回戦は、一度は追いつくなど粘り強く戦ったが、相手投手を最後まで捉えきれず惜敗となった。

先発の濵﨑(2年/鶴丸)は初回、先頭に二塁打を浴びるなどいきなり1死満塁のピンチを迎えたが、ファースト田口(4年/西大和学園)の好守などで無失点で凌ぐ。しかし4回に連打で無死13塁とされ、1死後に適時打を浴び先制を許してしまう<慶1-0東>。
続くピンチは併殺で凌ぎ、攻撃にリズムを作るとその裏、先頭の2番新堀(2年/麻布)が三塁線を破る二塁打で出塁、1死後四球で12塁、さらに代打磯野(3年/時習館)が起用に応え、レフト前への安打でつなぎ1死満塁とチャンスを広げると、続く6番山下朋(2年/東海)が初球をセンター前へ弾き返し同点に追いつく<慶1-1東>。
なおも逆転のチャンスが続くも後続が凡退し同点止まり。すると5回表、先頭に安打を許すと、盗塁と犠打で1死3塁、さらに連続四球で1死満塁と勝ち越しのピンチを広げてしまう。ここで2番手の宮本(2年/土浦一)にスイッチするも、犠飛と適時打で2点を勝ち越されてしまう<慶3-1東>。
7回には先頭に二塁打を浴び、進塁打で1死3塁とされると、適時二塁打で1点を追加され3点差となってしまう<慶4-1東>。
しかし後続には、3番手小林(2年/横浜翠嵐)がきっちりと退ける好投。応えたい打線は最終回、1死から途中出場の岡(1年/小倉)がレフトフェンス直撃の二塁打でチャンスを作るも、後続が倒れ試合終了。悲願の勝ち点を懸け、明日の3回戦へ挑む。