2本塁打を含む12安打と打線が爆発した明大が9対4で法大を退けた。
 台風一過の真夏日の中で始まった一戦。先手を取ったのは法大で、1回裏2死走者なしから3番・毛利元哉(2年・愛工大名電)がバックスクリーン右へ自身リーグ戦初本塁打を放って1点を先制すると、続く2回には6番・船曳海(2年・天理)の2塁打から1死3塁として、8番・鎌倉航(3年・日本文理)のスクイズで2点目を奪取。明大も3回に1死満塁のチャンスから5番・越智達矢(3年・丹原)の犠牲フライで1点を返したが、その後のチャンスにけん制死。法大が2対1とリードして4回を終えた。

 

この試合のハイライト動画はこちら!

 

 しかし、今季初戦から4試合連続2ケタ安打中と好調の明大打線が5回に爆発する。法大の先発・長谷川裕也(4年・聖望学園)を攻め、1死1、2塁から3番・渡辺佳明(3年・横浜)が左中間を破る2点タイムリー2塁打で逆転すると、続く4番・逢澤崚介(3年・関西)がレフトへ2ラン。さらに6番・高瀬雄大(3年・長崎西)もライトへソロアーチを叩き込み、この回一挙5点を奪った。
 その後、6回裏に法大が船曵の2ランで2点を返したが、9回表に明大が2本のヒットと犠打、盗塁で2死2、3塁として、5番・越智がレフトオーバーの2点タイムリー。さらに高瀬もレフトへ弾き返し、ダメ押しの3点を奪った。明大の先発・水野匡貴(4年・静岡)は6回途中に右足がつって降板するアクシデントがあったが、5回1/3回を5安打1四球8奪三振で3失点。打線は今季リーグ戦5試合連続の2ケタ安打で第1週の早大戦に続いて勝ち点を手にした。

気温上昇の真夏日の中で6回途中まで3失点に抑えて勝ち投手となった明大・水野

■明治大vs法政大2回戦
明治大 001 050 003=9
法政大 110 002 000=4
【明】〇水野、石毛、入江、高橋-橋本
【法】●長谷川、落合、熊谷-鎌倉
本塁打:明治大・逢澤《5回2ラン》、高瀬《5回ソロ》、法政大・毛利《1回ソロ》、舩曳《6回2ラン》

◎明治大・善波達也監督
「水野が粘り強く5回まで投げてくれた。尻上がりに良くなってきたところで足がつって交代しましたが、その後を小刻みに繋ぐことができた。みんなの力で何とか勝てたかなというところです。5回はいい集中でよく繋がった。渡辺佳明のレフトオーバーの打球でチームが行けるぞとなった。一昨日の試合で打てなかった人も打てたので良かった。打球の質が良くなってきている。ここまでは出来過ぎなので春と一緒でここから下がっていかないように。(春に敗れた)立教と慶應には、選手たちが借りを返すはずです」
◎明治大・水野匡貴(4年・静岡)
「低めにボールを集めて野手の援護を待っていました。けっこう暑くて、水分や塩分を摂ってやるようにしていたんですけど、右足がつってしまった。まだまだ甘い部分があった。次はちゃんと投げ切れるようにしたい。1週空きますけど、気を抜くことなく、少しでもレベルアップして、レベルが上がった状態で次の試合に臨みたい」

◎明治大・高瀬雄大(3年・長崎西)
「(第1戦に続く活躍に)たまたま結果が出ているだけですけど、特に意識することなくやれている。1試合1試合、全力でやることだけを考えています。自分の一番の持ち味は打力なので、そこで勝負していきたい」