3安打2打点と大暴れだった添田

明治の勢いが止まらない。前カードの早大から勝ち点を奪い、迎えた“血の明法戦”。先発の齊藤大将投手(政経4=桐蔭学園)は8回途中4失点と粘投。その後を託された水野匡貴投手(農4=静岡)が後続を抑え、リードを守り切った。打線は2回に4本の安打で3点を奪うと、7回に高瀬雄大内野手(営3=長崎西)がリーグ戦初となる本塁打を放ち計8得点。昨季2試合で1得点に抑えられた法大に雪辱を果たした。

 法大3本柱の一角を打ち崩した。「1、2番で試合の流れをつくれた」(中野速人主将・法4=桐光学園)と、初回から竹村春樹内野手(政経4=浦和学院)、添田真海内野手(法2=作新学院)が連続安打で無死二、三塁の好機をつくる。続く打席には3番の渡辺佳明内野手(政経3=横浜)。初球をセンターにはじき返し、犠飛で鮮やかに1点を入れた。2回には高瀬、橋本大征捕手(総合2=佼成学園)の連打でチャンスをつくると、またも竹村、添田が連続で適時打を放ち3点を追加。7回には高瀬がライトスタンド中段に飛び込む2点本塁打を放ち、勝利を決定づけた。春には4安打無得点と完璧に抑え込まれた菅野(法大)を攻略しての勝利だった。
 

天才の輝きを見せた高瀬

強さの要因は全員がチームの戦力となっていることだ。昨季法大1回戦にて代打安打を放つなど、相性の良さからスタメンに抜擢された添田が3安打2打点と結果を残した。昨季は打撃を課題に挙げられ先発起用は少なかったが、夏は徹底的にバットを振り込むなど打撃強化に尽力。夏のオープン戦で結果を残し、課題を克服したことで監督の信頼を勝ち取った。また一塁のポジションには吉田有輝内野手(商3=履正社)に代わって高瀬が起用。早大3回戦で決勝適時打を放った勝負強さは本物で、この日も本塁打を含む2安打2打点とスタメン起用に応えた。「一言でいうと天才。それくらいセンスがある」(中野)と主将もその能力の高さを絶賛。普段は控えの2人であるが「他のチームでも主力を張れるくらいの実力を持っている」(中野)と選手層の厚さを感じさせた。また相手チームを研究するデータ班の情報を頼りに狙い球を絞ったり、相手捕手の配球を予測できたことも8得点に大いに貢献している。スタメンから控え、さらにはスタンドにいる部員まで。昨季の屈辱を経験しているチームだからこそ、勝利に対する執念は強い。

 最上級生でバトンをつないだ。齊藤は「一番強い」と語る法大打線に11安打を浴びるなど終始苦しい投球。毎回のように安打を許したが「野手が守ってくれる」(齊藤)と要所でゴロを打たせ再三のピンチを乗り切った。8回途中からマウンドに上がった水野は140キロ後半の直球と変化球をうまく使い、打者6人を無安打に抑える快投。「早く結果を出したかった」(水野)。早大戦では登板の機会がなかったが、今後は投手陣の柱として期待が懸かる。

 このまま優勝へ突き進む。昨季苦手としていた法大投手陣を攻略したことで、打線の好調ぶりは本物であると証明された。渡辺佳や逢澤崚介外野手(文3=関西)が本調子ではないものの、この2人に当たりが出始めれば上位から下位まで抜け目のない打線になる。法大には昨季防御率リーグトップだった菅野の他に、右下手投げの長谷川、最速152キロを誇る抑えの熊谷などの好投手がいる。勝ち点を取るまでは決して侮れない。「春は2連敗しているので、その借りを返す」(竹村)。今季は2連勝で明法戦に幕を下ろしたい。

[桐山雄希]