写真提供:共同通信社

 

 

 

「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンドの第4戦が日本時間5日に行われ、侍ジャパンンU-18日本代表が3対1でオランダ代表に逆転勝利。3勝1敗としてスーパーラウンド進出を決めた。

日本は7対2で勝利したキューバ戦から藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)の1、2番は代えず、中村奨成(広陵)が「5番・DH」でスタメン復帰。初戦のメキシコ戦で先発した徳山壮磨(大阪桐蔭)が今大会2度目の先発マウンドに上がった。
序盤は投手戦の様相。今大会1勝2敗で負ければ敗退が決まるオランダは、先発の右腕・ブレークが切れ味鋭い変化球で3回まで4奪三振でのパーフェクト投球を披露。一方の徳山も初回の振り逃げで許した打者を併殺でアウトにすると、2回に先頭打者に2塁打を許したが後続を抑えて、3回まで1安打無失点の上々の立ち上がりを見せた。
スコアが動いたのは4回表。オランダが1死から3番・ジュリアナがヒットで出塁すると、続く4番・アポステルが自身2打席連続2塁打となるセンターオーバーのタイムリーを放って1点を先制。日本は直後の5回表に、4番・清宮幸太郎(早稲田実)が左中間へチーム初ヒットとなる2塁打を放って無死2塁。続く中村が犠打を決めて1死3塁としたが、櫻井周斗(日大三)、古賀悠斗(福岡大大濠)が倒れて無得点。0対1とオランダリードして5回を終えた。

日本にチャンスが訪れたのは6回表。この回先頭の丸山和郁(前橋育英)が二遊間をしぶとく破ると、すかさず二盗を決めて無死2塁。続く西巻賢二(仙台育英)の投手前へのバントがヒットとなって無死1、3塁とすると、ここでブレークが1塁へけん制悪送球を犯して1対1の同点。その後、藤原がヒットなどで2死3塁となった場面で、今度はワイルドピッチで3塁走者がホームイン。日本が相手のミスに乗じて2対1と逆転に成功した。
その後、日本は5回3安打1失点と粘りのピッチングを見せた徳山から左腕・田浦文丸(秀岳館)へとスイッチ。その田浦が6回、7回と2イニングを無安打5奪三振の快投でリズムを作ると、8回表に再び丸山のヒットから1死1、2塁として藤原のレフト前タイムリーで貴重な追加点。3連投となった田浦は、8回裏も3者凡退に仕留めると、9回裏1死から四球とエラーで走者を出したが、最後はピッチャーゴロでゲームセット。自慢のチェンジアップを武器に4イニングを無安打無失点で計9奪三振の圧巻のリリーフを見せた。
これで日本は3勝1敗。南アフリカ戦を残してA・B両組の上位3チームで争われるスーパーラウンド進出が決まった。

■侍ジャパンU-18日本代表・スターティングメンバー
1(右)藤原恭大(大阪桐蔭)
2(遊)小園海斗(報徳学園)
3(三)安田尚憲(履正社)
4(一)清宮幸太郎(早稲田実)
5(指)中村奨成(広陵)
6(左)櫻井周斗(日大三)
7(捕)古賀悠斗(福岡大大濠)
8(中)丸山和郁(前橋育英)
9(二)西巻賢二(仙台育英)
投手・徳山壮磨(大阪桐蔭)

■小枝守監督
--接戦のしびれるゲームとなったが?
「先に1点を取られたという重いゲームでしたけど、とにかく毎度言っているように上と下が機能すれば、こういう形になるというのを見事にやってくれたと思います。トップが2本、8番、9番で4本、そういうような出塁が非常に得点に結びついている。相手も嫌がっているというのも感じている」
--先発した徳山投手のピッチングに関しては?
「一番安定していると踏んで、今日のゲームを落とさないということで(先発として)行った。アンラッキーに出合い頭に打たれましたけど、1点で抑えるところが立派ですね」
--リリーフの田浦投手が見事でしたが?
「今年は、田浦ですね。立派ですね」
--この勝利でスーパーラウンド進出が決まったが?
「まだまだ自分たちの味が出ない。10あるうちの3ぐらいしか出ていない。ですから1戦1戦、昨日よりも今日、今日よりも明日という気持ちでやろうと言い合っています」

■清宮幸太郎(早稲田実)
--キャプテンとしてゲームを振り返って?
「厳しい試合だったんですけど、しっかりチャンスを作って、相手のミスで得点を取れた。自分たちがもぎ取った点だという風に思っています」
--1点ビハインドの中でどのような声をかけていたのか?
「最初、声があまり出ていなかった。自分が先頭になって出して行こうと思っていた」
--チーム初ヒットとなる左中間への強い打球を放ったが?
「結構、自分らしい打球だった。だんだん合って来てるかなと思います。いい形でボールも見れていましたし、ヒットは1本だけでしたけど、内容は悪くなかった」
--昨日より今日にかけて自分の中で意識したことは?
「まず体が開かないことだったり、トップの位置が入り込み過ぎないように。あとは力を抜いて打とうと思っていました。あとちょっと下半身の張りがないなと思ったので、今日、走ったりしてから試合に臨みました」
--自分の中でも手応えを掴んだ試合になったのでは?
「そうですね。自分も上がって来てるかなと思いますし、チームもすごい良いところで声を出してくれているし、足も絡めてできている。そういうところは日本らしさが出てきているかなと思います」
--スーパーラウンド進出が決まったが、この先の戦いに向けては?
「ここまでしっかり勝って来れたのは良いことなんで、最後、スーパーラウンドに向けて良い流れができるように、しっかりみんなでミーティングして、最後、全力で臨みたいと思います」

■田浦文丸(秀岳館)
--今日の投球を振り返って?
「味方が必死に3点を取ってくれたので、しっかり抑えようと気持ちでマウンドに上がりました」
--4回を投げて無安打で9奪三振だったが?
「特に意識とかはまったくしてなくて、良いピッチングができたかなと、実感しています」
--3連投となったが、今日は1点差での緊張感もあったのでは?
「前々から言ってもらってたんで、特に緊張とかはなかった。日本でもそういう経験をさせてもらっているので、緊張というのはあんまりなかったです。(秀岳館で)4回も甲子園に出させてもらった。すごくいい経験で、世界大会でも緊張せずに自分のピッチングができたのが一番良かったです」
--これだけ三振を奪える要因は?
「あんまり分からないですけど、いつも通りしっかり腕を振って、後ろに良いピッチャーがいるんで、1回でつぶれてもいいという気持ちで投げています」
--明日以降の戦いに向けては?
「いつも通り、自分のピッチングを心掛けてやっていきたいです」