写真提供:Getty Images

 

「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のオープニングラウンドの第3戦が日本時間4日に行われ、侍ジャパンンU-18日本代表が7対2でキューバ代表に勝利。2勝1敗と白星を先行させた。

前日は0対4の完敗を喫した日本。この日は、藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)の2年生コンビで1、2番を形成し、捕手には中村奨成(広陵)に代わって古賀悠斗(福岡大大濠)を初スタメンに抜擢した。

1回表、先発の山下輝(木更津総合)が四球と内野安打から1死2、3塁、2死満塁のピンチを背負いながらも無失点で切り抜けると、その裏、1番・藤原の2塁打の後に2番・小園が振り逃げで無死1、3塁として、相手のパスボールの間に藤原が先制のホームイン。さらに3番・安田尚憲(履正社)がヒットで続き、無死1、3塁から4番・清宮幸太郎(早稲田実)がライトへ犠牲フライを放って2点を先制した。

 3回表、ここまで2戦2勝のキューバも反撃に出て、1死からヒットと四球で1、2塁として4番・ファドラガがライトの頭上を越えるタイムリー2塁打を放って同点。しかし日本はその裏、藤原、小園の1、2番からチャンスを作り、3番・安田が敬遠で無死満塁となった後、4番・清宮がライトへ2打席連続の犠牲フライで勝ち越し成功。さらに1死1、3塁から櫻井周斗(日大三)がバットを折りながらもセンター前タイムリーを放って2点のリードを奪った。

さらに6回表無死1、2塁のピンチを山下から田浦文丸(秀岳館)への継投で凌ぐと、その裏に7番・古賀のヒットから8番・丸山和郁(前橋育成)、9番・西巻賢二(仙台育英)が小技、俊足を駆使して出塁し、1死満塁から1番・藤原の併殺崩れと2番・小園のタイムリーで計2点、貴重な追加点を奪った。

終盤、雨と風で荒れたコンディションとなった中、田浦が8回表2死満塁のピンチを無失点で切り抜けると、その裏に2死1、2塁から小園がこの日2本目のセンター前タイムリー。7対2と点差を5点に広げると、最終回は3番手の清水達也(花咲徳栄)が2四球で走者を背負ったが、最後は併殺打でゲームセットとなった。

藤原、小園の1、2番が2人で計4安打2四球の4得点3打点と機能し、チーム全体では計9安打で7得点。投手陣では、2番手の田浦が2回2/3を1安打無失点5奪三振の好投を披露。2勝1敗として、次戦オランダとの戦いに挑む。

■侍ジャパンU-18日本代表・スターティングメンバー
1(右)藤原恭大(大阪桐蔭)
2(遊)小園海斗(報徳学園)
3(三)安田尚憲(履正社)
4(一)清宮幸太郎(早稲田実)
5(左)櫻井周斗(日大三)
6(指)井上大成(日大三)
7(捕)古賀悠斗(福岡大大濠)
8(中)丸山和郁(前橋育英)
9(二)西巻賢二(仙台育英)
投手・山下輝(木更津総合)

■小枝守監督
--今日の試合を振り返って?
「昨日落として、今日は選手も必死にやっていたと思う。とにかく日本の野球をやろうということで、今日はひとつになれたと思います」
--その中で日本らしさも出せたのでは?
「最初から言っているように、上位、下位が動いて、軸でしっかりとかえすという形をどうしても作りたい。下位のバッターでかき回すことが少しずつできている。あともう少し、機動力ですね」
--今日は2年生の1、2番コンビが良い働きをしたが?
「オーダーを代えたのが今日は当たったと思います」
--投手陣に関しては?
「田浦君の働きが非常に光っている。先発を引っ張るところまで引っ張っていきますけど、その中で冷静に自分のペースを崩さずに投げていると思います」
--昨日敗れたが、今日の勝ちでまたいいスタートを切れた。明日以降に向けて?
「崖っぷちなので、後ろを振り向かないでいきました。ひとつひとつ、精一杯やろうということだけなので、常に明るくフレッシュにいこうと思っています」

■清宮幸太郎(早稲田実)
--昨日アメリカに敗れて今日は大事なゲームだったが?
「(アメリカ戦は)チームとしても個人としても課題の残る試合でしたけど、それを踏まえてしっかりとミーティングもしてきたし、反省する部分を今日はしっかり立て直すことができたかなと思います」
--キャプテンとしてどのような声をかけて試合に臨んだのか?
「まずは気持ちの面で、アメリカ戦では負けてしまったという部分。それと一瞬の声かけ。声を出すというところでしっかりやっていこうと話をした。初回の入りもすごくみんな声が出ていましたし、その後もすごく積極的にみんなが声を出してくれていた。今までにない雰囲気だったかなと思います」
--2本の犠牲フライを放ったが、個人のバッティングに関しては?
「いや、全然ダメですね。調子の悪い時の自分が全部出てるな、と。体が開きまくって、訳わかんなくなってます」
--その中で迎える明日の試合へ向けて?
「連戦が続くので、チームのみんなも切り替えが大事ということを言っている。それは自分も同じだと思うので、しっかりと切り替えてやっていきたい。昨日負けて、今日しっかりいい勝ち方ができたので、敗戦を忘れることなく、しっかり確実に勝利を取って行きたい」

■小園海斗(報徳学園)
--今日は2番で起用されたが?
「9番というところを任されていたんですけど、自分的にも上位を打ちたいと思っていた。守備で最初は活躍しようと思っていたんですけど、いい形で打席の中に入れて結果も出せた。今日は2番に起用されていい結果が出たのでよかったです」
--3安打2打点の活躍だったが?
「三振したというのが自分の中では悔しいんですけど、修正できたのが今日は良かった」
--レフト方向へのバッティングが光ったが?
「やっぱり外が多いということで、(体を)開かずに素直に返して行こうということで強い打球を打てたので良かったです」
--藤原との2年生コンビの1、2番だが?
「中学校の時に一緒にプレーして、1、2番を組ましてもらって、今日も楽しく野球ができたので良かったです」
--3試合連続安打となったが好調の要因は?
「やっぱり絶対に打つという気持ち。気持ちで負けないようにやっている。気持ちが一番大切だと思います」
--ムードメーカーの役割も担っているのでは?
「やっぱり2年生が声を出して行けばチームも盛り上がると思う。明日からも厳しい戦いが続きますけど、自分の状態もしっかりと見て、球場の状態などもしっかりと見て、いい感じでやっていければと思います」