バスから降りて練習場に向かう清宮

 

 

 

「第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ、現地9月1日~11日)に出場する侍ジャパンU-18代表が22日、千葉県内で合宿を開始。午後から行われた初日の練習には、選ばれた20人のうち、現在開催中の甲子園で4強入りし、決勝進出を果たした中村奨成(広陵)、清水達也(花咲徳栄)の2人を除く18人が約3時間の練習に汗を流した。

練習初めのジョギングでは列の並びを巡って遠慮し合っていたナインだったが、時間の経過とともに徐々にリラックスした表情に。ウォーミングアップの後は、高校通算107本塁打を誇る清宮幸太郎(早稲田実)を筆頭に、高校62本塁打のドラフト1位候補のスラッガー・安田尚憲(履正社)、名門・横浜の4番を務めた増田珠(横浜)らが次々と打撃ゲージに入り、木製バットを手に1球1球を確かめながら快音を響かせた。

 

練習を開始したU-18日本代表

 

 

 

当時1年生だった2年前の前回大会に続いて2大会連続の出場となる清宮は、「詰まったりもしましたけど、身体がなまっている感じはしなかったですし、いい感じで仕上がっていると思います」と笑み。高校通算記録の更新にも期待がかかるが、「自分のことよりもチームジャパンとして勝ちに行きたい。勝ちを優先して、みんなと力を合わせて戦いたい」と気持ちを高ぶらせた。

打撃練習の後は、各選手が守備位置に就いてノックも行われ、「一塁・清宮」、「三塁・安田」でスタートし、最後には安田が一塁に回る場面も。チームを率いる小枝守監督は、「今年のチームは去年(のチーム)よりも攻撃力がアップしている。ただ打ち合うのではなく、取れるべき時に点を取る、隙のない野球を目指したい」とした上で「1着になれ、という雰囲気をヒシヒシと感じます。それに向けて最後まで諦めない戦いをしたいと思います」と語った。

甲子園で1大会最多本塁打記録を更新した注目の中村は24日以降に合流予定。チームは明日以降も国内で合宿を行い、28日にカナダへと向かう。「最初に言ったのが、とにかく自分の素を出して、理解し合う事が大事だということです。お互いがどれだけ知り合うか」と小枝監督。悲願の世界一へ向け、無限の可能性を秘めた若きサムライたちが、侍ジャパンの名の下に一致団結する。

 

ウォーミングアップで笑顔を見せる清宮(中)と増田(左)、安田(右)

 

 

 

■清宮幸太郎(早稲田実)

「自分は1年生の時に選ばれて、その時はドキドキ、ワクワクしましたけど、今日の練習でも守備でも打撃でもトップクラスの選手たちが集まって、ワクワクしました。2年前には西谷監督(当時)から『この経験を伝えて欲しい』と言われたんですが、その意味を今になって感じていますし、みんなに伝えて行ければいいと思います。前回もそうでしたけど、急造チームで年下もいるのでチームワークが大事になってくる。まずは1週間、みんなとコミュニケーションを取りながら、良いチームにしていきたい」

■安田尚憲(履正社)

「侍ジャパンは自分にとって初めての経験なんですけど、すごくいい雰囲気の中で楽しくできています。頼もしいチームだなと思います。チャンスで1本打てる、勝負を決める一打を見てもらいたい。初めてと言っていい国際大会なので、自分にとっては挑戦になる。しっかりとベストコンディションをで臨みたい」

■桜井周斗(日大三)

「やらなきゃいけないという気持ちが高まった。自分は打つ方でも期待されていると思うので、投打両方で活躍できるようにしたい。少しでもチームの力になって世界一に貢献したい。自分の見て欲しいところは思い切りの良さ。投げっぷりだったり、打つ方では長打力を見てもらいたい」

チームを率いる小枝監督