盛岡大付-花咲徳栄  盛岡大付戦に先発し、8回1失点と好投した花咲徳栄・綱脇=甲子園【写真=共同通信社】

準々決勝第4試合はともに、勝利すれば初めての4強進出となる花咲徳栄(埼玉)と盛岡大附(岩手)による一戦となった。両チームとも1回戦からの登場で、強打で勝ち上がってきたチーム同士の戦いは、花咲徳栄が持ち味を存分に活かした試合運びで試合をモノにした。

初回の攻防をともに無得点で迎えた2回、花咲徳栄の4番・野村 佑希(2年)が今大会2本目となる本塁打を放ち、花咲徳栄が先制に成功。しかしその裏、盛岡大附は7番・薮内 海斗(3年)の適時打で1点を返す。強打のチームらしく、序盤から点の取り合いの様相を呈する。

花咲徳栄は3回、相手の失策で1点を勝ち越すと、4回にも1点を追加して迎えた5回、打線が爆発する。二死満塁から5番・須永 光(3年)の押し出し死球のあと、6番・高井 悠太郎(3年)、7番・小川 恩(3年)の連続適時打が飛び出し、この回一挙4得点。

追い上げたい盛岡大附だが、3回以降は花咲徳栄の先発・綱脇 慧(3年)の前に得点を奪えない。終盤の7回、8回には連続で三者凡退に抑えられるなど、持ち味の打撃力を発揮できずに最終回を迎える。

9回表、花咲徳栄は3番に座る好打者・西川 愛也(3年)の犠飛で1点、5番・須永、6番・高井の連続タイムリーで決定的な3点を挙げる。その裏には、前日の試合で今大会最速の150キロを計測したエース・清水 達也(3年)が登板。

先頭は済美(愛媛)との3回戦で2打席連続弾を放った3番・植田 拓(3年)。変化球を打たせて遊ゴロもエラーで出塁を許してしまう。しかし落ち着いて後続を打ち取り、見事無失点に抑えてゲームセット。

花咲徳栄は3度目の挑戦で初めて8強の壁を突破し、4強へと駒を進めた。休養日を挟んだ8月22日、準決勝第2試合で東海大菅生(西東京)と決勝進出をかけて激突する。