20歳以下代表の最高峰大会昇格を目指し、8月29日から9月10日まで南米・ウルグアイで開催される「ワールドラグビー U20トロフィー 2017」に挑むU20日本代表だが、SH齋藤直人(早稲田大2年)とCTB本郷泰司(帝京大2年)が負傷のため参加できないことになった。17日に日本ラグビー協会が発表。代わりに、同志社大2年のSH原田健司とCTB山本雄貴が追加招集された。

 日本は18日にウルグアイへ向けて出発。
 大会では、プールAでチリ(8月29日)、カナダ(9月2日)、ナミビア(9月6日)と戦い、同組1位が決勝進出となる。そして、フィジー、ポルトガル、香港、ウルグアイが競うプールBの1位チームと対戦し(決勝以外に3位・5位・7位決定戦も実施)、優勝チームが来年の「ワールドラグビー U20チャンピオンシップ」に昇格する。

【関連記事】
ワールドU20トロフィーに挑むU20日本代表メンバー決定! 主将は眞野